ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2023年11月23日

【奄美大島2023】気軽に望めるカルイギョの滝!でも山側からは行くべからず

amamikaruigyofalls2023s5689.jpg

前回来島時はまさかの「通行止め(名音〜湯湾)」で見に行くことができなかった、奄美大島西岸で実質唯一の滝「カルイギョの滝」。今回はこのエリアまで至るのに何度も通行止めにあって思ったルートをたどることができませんでしたが、この滝の道は今回通行可能。ようやくチャレンジできました。

っといっても滝は舗装路から望めるものなので、見に行くこと自体は大変じゃないんですけどね。しかし海側からこの滝を見に行くのは良いのですが、この滝があるポイントから湯湾岳がある山側に入ると猛烈な悪路になります。車1台が通るのがやっとの未舗装路。しかも交通量はそこそこあるのですれ違いも多く恐怖。なのでこの滝を見る場合は海側の名音集落から単純往復するだけにするのが無難です。フォレストポリスやマテリアの滝から直接行くのは避けましょう。

amamikaruigyofalls2023w5686.jpg



ちなみに滝は谷底にあるので、基本的に道路から見下ろす形で望みます。滝の水落は50mとのことですが、どうやら途中に滝壺とせせらぎがあり二段の滝になっているような感じです。全体的には東岸のタンギョの滝に近い印象。なにせどちらも滝のすぐ下流に発電所がありますしね(カルイギョの滝/名音川発電所・タンギョの滝/新住用川発電所)。

ただタンギョの滝は川を遡上すれば滝のすぐ近くまで行けますが、カルイギョの滝は谷底に水落があるので滝まで行くのは絶望的。まぁ名音川発電所から川を遡上して行けないことはないのかもしれませんが、タンギョの滝のように大きな水落があるわけでもないので、近くまで行ってもあまり恩恵は無さそうです。

カルイギョの滝は基本「道路から見下ろす」ことになるかと思いますが車の中からでも望めるので、奄美大島の中でも最も気軽に望める滝かもしれません。




posted by 離島ドットコム管理人 at 12:38 | 奄美エリア

2023年11月22日

【与論島2023】ヨロン駅と愛の鐘ネクスト繋がる!途中分断のビドウ遊歩道が全面開通

2021年の与論島。元々あった「愛の鐘」の先に、新しい「愛の鐘ネクスト(勝手に命名)」ができたものの、その先にヨロン駅は見えるものの遊歩道が繋がっておらず中途半端な状態でした。

yoronroad2021IMG_0628.jpg

当時はこのまま通行止め状態でずっと放置されるんだろうな〜って思っていましたが、2023年のトランジットの時間で行ってみると見事に繋がっていました。無事に愛の鐘ネクストとヨロン駅は往来可能でした。

yoronroad2023DSC06433.jpg

しかし繋がったとしても、スタートとなるパラダイスビーチから愛の鐘・愛の鐘ネクストを経由してヨロン駅まで行っても、また戻ることを考えるとなかなか行くに行けません。さらにヨロン駅から先も与論港/供利港まで行けますが、そこまで行ったら戻ることは厳しすぎます。周回する遊歩道ならいいですが、直線的な遊歩道なので行った先で「戻る」ということに必ずなりますからね。

ちなみにこのパラダイスビーチから愛の鐘やヨロン駅を経由して与論港までを繋ぐ遊歩道は正式に「ビドウ遊歩道」と言いますが、しかしその2021年までは途中で完全に分断されていて、1つの遊歩道と呼ぶには厳しい状態でした。でも今は無事に全て繋がったものの、アップダウンは多いし階段だらけだし往復するのはかなり困難。遊歩道というよりも修行道って印象です。

まぁ今回のように飛行機のトランジット時間や、船待ちの時間調整に散策するには良い距離かもしれませんけどね。

ちなみに相互の距離感はこんな感じ。

yoronroad2023paradicebeach.jpgパラダイスビーチ
↓200m
yoronroad2023ainokanenext.jpg愛の鐘ネクスト
↓200m
yoronroad2023yoronstation.jpgヨロン駅
↓600m
yoronroad2023yoronpier.jpg与論港


360度映像だとこんな感じ。

20231102-R0011755_xmp_z.jpg





今回は空港のトランジットの時間で「空港→パラダイスビーチ→愛の鐘ネクスト→ヨロン駅→与論港→空港」という感じで周回した次第です。
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:34 | 本島離島エリア

2023年05月20日

【与那国島2023】パンの名店「パネス」が移転して超バージョンアップ!価格も…

yonagunipaness2023b.jpg

与那国島のパンの名店「パネス」が移転した話を聞いたので行って見ると超ビックリ!

もはや別物!

ちなみに以前の店舗はこんな感じでした。

移転後

その激変の理由はパン屋ではなく「パン&カフェ」にバージョンアップしていたから。しかしそれ以上に「あること」がバージョンアップしていて正直なところ目が点になりました。その「あること」とは・・・

価格。

以前は1個100円台で高くても200円超えるか否かの一般的なパン屋さんでしたが、バージョンアップ後は普通のアンパン的なものでも1個250円。食パンに至ってはヨナグニウマやハンマーヘッドシャークを形取った食パンが、普通の食パンよりも可食部が少ないのに「1斤?600円」。あの「乃が美」でも1斤で486円ですよ・・・

パンは最低でも250円とかなり高い

食パン600円は・・・

店舗に入って店舗の広さに感動も、その先のパンコーナーで目が点になるどころか絶句状態だった次第です。

ランチタイムに行きましたが、小さなパン2個買ったら普通にお店でランチが食べられそうですからね。でもこの新パネスはカフェ併設で、そのカフェメニューはごくごく一般的。バーガーセット750円、サンドイッチセット750円、本日の沖縄そばもあってそれほど高くはありません。正直、パンをテイクアウトするよりもカフェメニューをイートインした方が良さげな感じでした。ちなみに支払はキャッシュレス対応だそうです。

カフェメニューは普通価格

各種キャッシュレス対応も・・・

それはさておき新パネスの移転先は、ナンタ浜から集落に入り与那国町役場先の左折し坂を上ったところ。役場を過ぎて以前の店舗があった場所のやや手前を左に曲がる感じです。この「役場脇の坂道」ということだけを覚えておけば迷わず行くことができると思います。

役場脇の坂を上った先

そして新店舗は、お店に入るといきなりカフェスペースになっており、入って左手がカウンターとパン工房、右が吹き抜け空間のカフェスペース、そしてパンコーナーは正面奥にあります。

入口左にカウンターとパン工房

入口右に広々としたカフェスペース

ただ移転後のパンの種類は少ない印象。まぁ以前が離島のパン屋にしては多かったので、これは許容範囲内も、価格がちょっとね。さらに「赤ちゃんのほっぺ」パンなど以前の店舗で馴染みのパンはほぼ絶滅。気軽に買いたくなるパンは正直言って1個もありませんでした。なのでこのときはパンを一切買わず、お土産用のクッキーだけ買って帰りました。といってもこちらも8枚1000円とお高い価格でしたが・・・

パンの種類は少ない

お土産用のクッキーもある

新パネスはカフェとしては良いと思いますが、パン屋としては乃が美や銀座木村屋超える価格はどうかと思います。少なくとも島の人は買わないのではないでしょうか?しかもヨナグニウマやハンマーヘッドシャークを形取った1斤未満で600円もするパンは、とても持ち帰って飛行機に持ち込める代物ではなくお土産にならない気がします(潰れる)。誰が買うんだろう?と思える乃が美超の食パンなのでした。映画Drコトーの影響で今は良いかもしれませんが、今後はどうなるか心配になります。

ちなみに以前の店舗があった場所は建物が撤去されて空き地になっていました。ご参考まで。

移転前空き地

手づくりパン&カフェ パネス 基本情報

【住所】907-1801 沖縄県八重山郡与那国町与那国312
【電話】050-3578-3608
【営業時間】10:30-18:00
【定休日】火曜日






posted by 離島ドットコム管理人 at 13:49 | 八重山エリア

2023年05月19日

【石垣島2023】あさひ食堂閉店!4年前に閉店もその直前に行っていた!?



あさひ食堂といえば石垣島でも老舗の食堂で、地元の人にも人気のお店。個人的にも営業時間があえば積極的に食べに行っていましたが、ただここ数年はコロナ禍もあって石垣島へ行く機会が激減し、さらに行っても外食をあまりしなかったのでこの事実に4年も気づきませんでした。

is73-0.jpg

「あさひ食堂閉店」

2019年11月9日が最終営業日でした。しかしその閉店の事実を知らずに、この最終営業日の少し前にお店へ行っていました。このときも平日ながらも大混雑でいつも通りの食堂の雰囲気。そして食べるのは毎回「あさひ定食」で、ボリューム満点の食事をいただけました。そして4年後の2023年4月に1日3島というキツイ離島巡りのあと、エネルギー補給のために行って見ると建物は綺麗になっていましたが、看板がなくなっていて閉店の事実を知りました。



しかも、いい加減石垣市街では飽き飽きしている焼肉屋の幟が掲げてあり、さらに誰が買うの?的な焼肉自販機が設置されていて、以前のような地元系食堂の雰囲気は一切なくなっていました。離島桟橋前の道から坂を上った先にある便利な食堂だっただけに残念で仕方ありません。ちなみに閉店の理由は消費増税と物価上昇によるものらしいですが、閉店半年前に行った時も値上げせずに営業していたので、値上げしても良いので営業して欲しかった次第です。

なにせ今の石垣市街には古く良き食堂がほぼ壊滅状態。「なかよし食堂」を残すのみになってしまった印象です。そのなかよし食堂も実質昼のみ営業になっているので、石垣市街の夕食事情はホントに厳しいです(あさひ食堂は午後9時まで営業していた)。今の石垣市街はどこへ行っても焼肉と居酒屋ばかりで夕食事情は最悪。白保食堂が夜まで営業してくれれば白保まで食べに行くんだけどな・・・

とにもかくにもあさひ食堂の阿佐伊さん、今までありがとうございました。







posted by 離島ドットコム管理人 at 07:04 | 八重山エリア

2023年03月26日

【東京2023】沖縄とは違う桜を写真で堪能!名所から穴場まで16写真で紹介!!

またしても本土の話題ですが、でもちょうど今時期に役立つ情報なので一気に公開。前回は360度画像で紹介しましたが、今回は良い感じの桜シーンを静止画で紹介。こっちの方が得てして臨場感はありますからね。エリア毎に写真を公開したいと思います。

都心各地の桜



今回は桜の名所巡りは「徒歩」移動がほとんどだったので、その間にいろいろ寄り道。得てして都心には桜並木や桜スポットの穴場が多いんです。あの東京だけではなく日本としても中心的な駅周辺にも「八重洲さくら通り」「江戸桜通り」など桜通りが何本もありますからね。さらに山手線内にも桜スポットが多く、あの「神田明神」にも桜がいっぱい。そしてその桜巡りではあの日本一花見で有名な公園へ。。。

桜の定番・上野公園各所



日本の花見と言えばやっぱり「上野公園」。既に前の段落で公園入口の写真をアップしていますが、やっぱり上野公園といえば桜並木と花見宴会できる広場が定番。実はこれらの写真は平日にもかかわらずこの混雑状況。さすがに花見ピークともなると、花見広場は足の踏み場もなくなるところでしたが、このときは好きな場所で花見できる状態。さらに公園内にある上野動物園周辺にも見事な桜有り。動物園自体は見事に定休日にあたってしまいその雰囲気を感じることはできませんでしたが、入口脇の桜が今回の上野公園で一番見事だったので結果オーライとします。

上野公園の穴場・東照宮



そして上野公園内にはあまり知られていない桜スポットがあります。その名も「上野東照宮」で、上野公園と言えば動物園や博物館が有名ですが、この東照宮は意外と知られていません。東照宮に向かう参道には桜もあれば、いかにも江戸の縁日的な出店が並んでいていい雰囲気。さらに五重塔があったり、しだれ桜があったり、穴場にもかかわらず満足度が高い。その代わり東照宮は全般的に狭いので花見というより散策(通過)におすすめの場所かも。そして東照宮から階段を下りると不忍池へ出ることができます。

標準木の靖国神社とその周辺



そして最後はいわゆる「桜の標準木」がある日本一有名な神社こと「靖国神社」へ。あわせてすぐ近くに皇居もあるので、お堀にある桜の名所「千鳥ヶ淵」も巡ってきました。まずは靖国神社の大鳥居をくぐって桜の標準木へ。開花ニュース通りの開花状況でしたね。でも実は神社自体に桜の木はそんなに多くないんですよね。むしろ靖国神社周辺道路の方が桜は見事で、神社内より神社の外の方が見事な桜が望めるかもしれません。中でも神社横を通る「靖国通り」には巨大な桜並木がずらっと並んでいて壮観です。さらに千鳥ヶ淵へと向かう道も桜並木で、神社より神社周辺の道路の方が桜は見応えあります。ただその先の千鳥ヶ淵は遅咲きのようで全般的に1部〜3部咲きレベルでした。


ちなみに今回の桜巡り。八重洲さくら通りと江戸桜通り以外は一気に巡りました。上野公園を回り神田明神を経由し、靖国神社と千鳥ヶ淵へといくコース。全長「6.6km」なので1時間半〜2時間もあれば普通に巡ることができます。上野公園へは上野駅ないし御徒町駅を起点とし、靖国神社は九段下駅、千鳥ヶ淵は半蔵門駅を起点とすると回りやすいです。また歩かず電車のみで往来する場合は、上野公園からは上野駅よりも「湯島駅」ないし「上野広小路駅」から地下鉄に乗り、「九段下駅」ないし「半蔵門駅」で降りるのがおすすめです。

でも歩きだと途中で神田明神に寄ったりできますし、さらに何気ない場所の桜が満開だったりして、いろいろ楽しめますけどね。私が桜巡りをした2日後に満開宣言が出たので、良い時期に行ったな〜って思いました。また来年も桜巡りしたいな〜。

<桜巡りルート/約6.6km>
正確なルートマップはこのリンク先にへ
▼経由点が全て無視された最短コース


<桜ギャラリー>
sakura20230320.jpg



posted by 離島ドットコム管理人 at 13:10 | 本土等その他エリア

2023年03月24日

【東京2023VR】本土で桜づくし。360度画像で花見をしよう!(上野公園/靖国神社/千鳥ヶ淵)

春分の日の飛び石連休で楽しんだ桜づくし。360度画像をいっぱい撮影したので一気に公開。バーチャル花見をしよう!

まずは花見の定番中の定番から。

上野恩賜公園入口・しだれ桜





上野恩賜公園入口・しだれ桜下





上野公園・桜並木起点





上野公園花見宴会場所





上野公園の桜もいいけど、公園の奥には「上野動物園」や「上野東照宮」があり、実はこっちの方が桜が綺麗。

上野動物園入口・満開の桜





上野東照宮・しだれ桜





上野東照宮・桜と縁日





そして場所を移動。今度はいわゆる「桜の標準木」があることで有名な靖国神社。都心生まれの都心育ちもあって、本土の桜スポットで最も馴染みがある場所です。

靖国神社・大鳥居と桜





靖国神社・桜と大鳥居





靖国神社・中門と桜の標準木





桜の標準木@靖国神社





靖国神社・本殿前の桜と宮司さん





そして最後も馴染みの桜スポット「千鳥ヶ淵」でしたが、残念ながら他の2つに比べて桜の開花が超遅め。千鳥ヶ淵の最も奥にある桜しか満開レベルのものがなく残念。

千鳥ヶ淵・唯一の満開近い桜





これら360度画像は全て「3月20日」のもので、この2日後に満開宣言が出ていましたね。なので今週末がまさに見頃…なのかもしれませんね(千鳥ヶ淵はまだっぽいけど)。

やっぱり桜は本土のソメイヨシノが良いな。どうしても沖縄のカンヒザクラは「桜」という認識が薄い。色合いがあまりに派手なのでブーゲンビリアと同じ印象。やっぱり桜は淡いピンク色のソメイヨシノだな〜ってつくづく思いました。

sakura20230320IMG0285.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:20 | 本土等その他エリア

2023年01月21日

【那覇2023】パイナップルハウスがハーレーダビットソンに変わった!



那覇空港に最も近い観光スポットでもある「パイナップルハウス」。名護にあるパイナップルパークの姉妹店でしたが、2022年2月末で閉店していたのはうろ覚えであったものの、その跡地というか建物を居抜きでとんでもないものが入居していました。

Before パイナップルハウス

After ハーレーダビットソン

pineallehouseclose202301.jpg

なんでハーレー???

沖縄は正直なところ、バイクには日本一厳しい環境なのは周知の事実。塩害でバイクのエンジンはもちろんのこと、フレームもあっという間に錆びてしまいます。さらに路面は日本一滑りやすいといっても過言じゃありませんし、渋滞も多いし、何より沖縄では二輪車は第1車線しか通行できないローカルルールがあります(3車線道路でも二輪車は一番左のみしか通行できない)。結果、沖縄でバイクは原付や小型中型スクーターがほとんど。普通のバイクは暴走族ぐらいしか乗りませんw

しかも沖縄は日本ワースト県民所得。
さらに二輪で最も高いハーレーダビットソン。

ニーズあんの?

そもそもパイナップルハウスがあった場所は観光客はよく通るかもしれませんが、ハーレーのニーズがある人は通るか謎。糸満や北谷ならわかりますが、那覇でも空港近くにバイクショップって意味わからない。しかもパイナップルハウス時代も懸念されていた「建物へのアクセスしにくさ」はそのまま。国道沿いにあるのに建物は見えてもなかなか近くに行くことができない周辺環境。

いつまで続くか・・・

どのみちパイナップルでもハーレーでも個人的には興味もありませんし用も無いので近づくこともありませんが。。。

ちなみに名護のパイナップルパークは変わらず営業しているようです。

pineallehouseclose202301zoo.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:22 | 沖縄本島内

2022年07月28日

【波照間島2022】トラウマ乗り越え10数年ぶりに「シムスケー」!超綺麗になっていた!?

一般的な観光ガイドにも掲載されているのにホムペの波照間島情報には何故か無かった情報。

波照間島の古井戸こと「シムスケー」

単に興味が無いという訳ではなく、とあるトラウマがあって行くに行けなかった場所なんです。それは・・・

初離島初波照間島でパンクした場所だから。

しかも7月上旬の真夏の出来事。もちろんその頃は自転車持参なんてことはせずに、借りていた宿の自転車でしたが、まさかの集落から最も離れた場所でのパンク。さらにこの場所は坂を下った先で集落まで戻るにはひたすら上り坂。さらにさらに集落までの道のりには日影無く、地獄のような暑さだった記憶。それが完全にトラウマになってしまい、近くへ寄っても無意識に回避してしまっていました。

今回は自前自転車だったものの、だからこそパンクが怖くて行くか否か迷いまでしたが、このときは帰りの船まで時間があったので行ってみることに。まさに10数年ぶりの来訪となりました。


10数年ぶりに行ってみると、途中の道が綺麗に舗装。さらに貯水池もできているわ、以前は無かった可倒式風力発電も近くにあって、あの頃とは雰囲気も景色も様変わりしていました。ただシムスケー近くは完全未舗装の超悪路だった記憶が・・・


案の定、シムスケー近くになると未舗装になっているも、その舗装終了の場所からはシムスケーらしき場所が確認可能。なので無理せず自転車は舗装路に置き、歩いて10数年ぶりのシムスケーへ行った次第です。

haterumasimusuke2022c.jpg

10数年ぶりのシムスケー。ビックリしたのは以前は「どこが古井戸?」ってくら荒れまくっていた場所でしたが、草刈りもされているし案内もあればガイドまである整備っぷり。観光地になっていました(滅多に誰も来ないと思うけどw)。



古井戸自体も以前は草むらに隠れて全く分からなかったものが、今は草刈りもされてハッキリとその場所が分かるようになっていました。といっても単なる古井戸なので珍しいものでもありませんが・・・


また以前は草ボウボウで確認できませんでしたが、こんな感じの賽銭置き?お供え台?なんてものもありました。


さらに案内板の反対側には古井戸に下りることができる小道まであったのでした。



古井戸まで下りても綺麗な水というわけでもなく、特に見どころがある訳でもありませんが、沢ガニがいたのが面白かったです。近くに川や水場がある訳ではないので、まさに「井の中の沢ガニ」って感じでした。


ただシムスケーがある場所は、波照間港から約3km、集落中心からでも約2km。さらに周回道路から脇道に入らないとたどり着けないのですが、その入口に案内がないので何処にあるかわかりにくい。一番分かりやすいルートは「可倒式風力発電前の道を港方面へ進み、突き当たりを右・右」。これがおすすめかと思います。

そもそもシムスケー自体は、正直なところ絵になる景色ではありませんし、近くに何がある訳でもないので、行く価値はそんなにありません。私もおそらくもう二度と行かないかも?今回はあくまで「トラウマ払拭」がメインでしたので・・・w



posted by 離島ドットコム管理人 at 11:03 | 八重山エリア

2022年07月24日

【石垣島2022】辺銀食堂消滅?石垣ペンギンに改名したっぽいが…



以前はちょっと洒落た地元系食堂でしたが、ラー油で人気が出てからは完全に「天狗」になっている辺銀食堂。道路側に壁を作って閉鎖的なお店になってしまいましたし、さらに今度は店名まで変更したっぽい。

「辺銀食堂」「石垣ペンギン」

isigakipenguin2022c.jpg

コレはダメでしょう。名前に食堂ないじゃん。しかも入口が完全に夜のお店の雰囲気。「スナックペンギン」の様相です。もともと天狗になってからは行く気ゼロですが、今後は他の人にお勧めするのも止めておきます。



まさに改悪一直線ですね。。。
沖縄でよくある「天狗になるとサービス低下」の典型的なお店かと思います。





posted by 離島ドットコム管理人 at 10:46 | 八重山エリア

2022年07月22日

【喜界島2020】シュガーロード展望台誕生!でも絶景は別の場所がおすすめw


喜界島の隠れた名所「シュガーロード」。小浜島のパクリ?っと思われるかもしれませんが、絶景度もその道の長さも、明らかに小浜島のものを超える喜界島シュガーロード。以前はガイドマップにも掲載されておらず、案内もなかった場所でしたが、近年はGoogleMapにも載っていますね。

おすすめは喜界島北側から南に向かった景色ですが、そんな北側の高台に「シュガーロード用の展望台」を思わせる展望台が誕生。その名も・・・

大久保展望台「島一番」


何故に「大久保」なのかは、住所が「喜界町大字小野津小字大久保2667」から来ているものらしい。そして看板にはいろいろ書いてあるが・・・


(リンクで看板部分拡大)

「百之台〜大島本島〜空」と意味不明w

正確には「百之台〜奄美空港〜大島本島〜太平洋・東シナ海〜青空・夜空」とさらに意味不明ww
そもそもシュガーロードにある展望台なのに・・・

kikaisugarroad2020c.jpg



シュガーロードほとんど見えません!

道路は見えるものの、まっすぐに伸びるいかにも「シュガーロード」の景色はこの展望台からは全く望めません。さらに景色自体も道路がカーブしていてあまり開けておらず、正直なところ展望台からの景色はイマイチ。むしろ展望台ではなく展望台脇の道路に立った方がまだ景色はいいというオチ。


ただ道路に立っても道がカーブしていてまっすぐなシュガーロードらしい光景は望めません。そもそもシュガーロードは、この展望台からしばらく進み、左に曲がった先から始まります。

結果、この大久保展望台は「シュガーロード展望台」ではありません。単なる展望台、いや単なるウッドデッキですw

↓こんな景色を見たければ、展望台をスルーして先に進みましょう。






posted by 離島ドットコム管理人 at 14:13 | 奄美エリア