ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2016年07月22日

【与那国島】消えた蜃気楼の丘。島影を変える基地施設。そしてアンテナ群。

今回の与那国島行きは往復ともに「フェリー」でしたが、そのため、台風1号の影響で本来の帰り便を3日も早めるはめになってしまいました^^;

4泊の予定がたった1泊。しかもフェリーだと夕方着で翌朝発なので、ほとんど時間がありません。しかも今回は台風接近に伴い、与那国発の時間が1時間も早まったので、さらに時間がありませんでした。なので到着直後の夕方以降に、超慌ただしく島巡り。まぁフェリーでの往復だったので、船からこの光景は十分すぎるほど望めましたけどね。

島影を変えた基地施設。

島中央のインビ岳周辺と、最西端の町「久部良」の高台のいわゆる「蜃気楼の丘」部分。1年前はまだ工事中だったのでそれほどの変化は感じませんでしたが、今回はほぼ完成状態なので、ちょっとショックでした。

特にインビ岳のアンテナ群。あれはいただけませんね。しかも島の道(比川浜から東崎へ行く道)からだとかなり威圧的。インビ岳そのものはどうなのか確認していませんが、少なくとも海からあれだけ威圧的に見るアンテナ群だけに、もしインビ岳に行けたとしてもあの光景は見たくありません。っていうか今回は時間が無かったので、インビ岳まで行く余裕もありませんでしたけどね^^ゞ




そして自衛隊基地本体の久部良集落の高台。以前あった「蜃気楼の丘」は完全消滅。でも施設脇の高台は残っていますが、もしその場所が残っていてもその周辺がコレだとちょっとね。何より自衛隊施設群が久部良集落を見下ろしているかのような造りで、別の意味で威圧的。もちろんその目的は集落ではなくその先の海の監視だとはわかりますが、もう少し集落から見た時の存在感を減らす努力をしてほしかったものです。




南牧場線から見たものと同様に、自衛隊基地は景観条例とかあっても対象にならないことがほとんどなので、やりたい放題の施設構成なのは否めません。

しかも一度出来た基地を撤去することはほぼ皆無。

半永久的にこの島影なのかと思うと悲しくなります(/_;)

離島情報 速報一覧
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:18 | 八重山エリア

【与那国島】変わり果てた南牧場線。馬さんや牛さんはどう思うのか・・・

徐々に工事が進行している与那国島の南牧場線。もちろん自衛隊基地。さすがに南牧場線は工事範囲には入っていませんが、既に旧蜃気楼の丘は完全に自衛隊基地の中。もう二度とあの光景は望めません。まぁドラマのセットだった「往診の道すがら見し蜃気楼」のハリボテ石碑は、診療所にあるって聞きますけどね。もともと蜃気楼の丘も民有地なので、気軽に入ることはできませんので、致し方ありません。

しかし南牧場線ギリギリまで自衛隊基地工事をしている与那国島。あの「のどか」の一言だった南牧場線は変わり果てていました。といっても一部はまだ以前のままですし、道そのものも牧場であることは変わりません。



しかし最西端の碑側から行くと、上り坂を登り切って下った先はもはや自衛隊基地の光景。いくら両側に施設がなくても、山側のあの威圧感がある構造物はやっぱり景観を台無しにしています。せめてもう少し奥まった場所に建設するとか、この牧場線との調和も考えて欲しいものですが、自衛隊施設はおそらく景観条例などに一切引っかからないはずなので(そもそも与那国には無さそうですが)、やりたい放題。

緑一色だった南牧場線から見た山側は、目を背けたくなる光景です。




でもこの無機質な建物や構造物は、馬さんや牛さんはどう思っているんでしょうね。そもそも彼らが暮らしていた場所を基地に奪われたわけでもあり、肩身狭い生活を強いられているのでしょうか。

それでも馬さんや牛さんは相変わらず道路を散策してのんびり暮らしています。その光景を望めただけでもひと安心。

あとこの無機質な構造物を越えて、診療所がある比川浜方面へ行くと基地の施設はなくなりますので、今まで通りの光景が望めます。もはや南牧場線は通過するよりも、比川浜側から途中まで行って折り返した方が良いかも?最西端の碑側は行かない方が良いかもしれません(/_;)




離島情報 速報一覧
posted by 離島ドットコム管理人 at 14:17 | 八重山エリア