ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2017年06月02日

【南大東島2017】闘牛場がまともになっていた!でも中に居たのは・・・

以前は草ボウボウで何か分からないレベル!

南大東島の集落から空港へ行く途中にあった闘牛場。以前は草ボウボウで、かろうじて「南大東村闘牛場」の文字が望めたので、その存在を知りましたが、2017年の時点では見事にその草木が取り除かれ、キレイに整備されていました。

2017年の南大東島では、闘牛場らしい光景を望めます。

しかーーーし、これは「ネタ?」って思えるほどの光景が、その闘牛場の中に!

「ヤギが住んでいるw」
・・・闘牛ちゃうやん!!!

闘牛場を整備したのに、その中にはヤギ小屋があり、ヤギがのんびり暮らしていました。まぁ闘牛自体は既に島では行われていないのかもしれませんので、ヤギをここで飼育するのは理にかなっていますが、それでも思わず突っ込みを入れたくなる光景。

笑えますo^o^o

南大東島闘牛場の詳細情報/クチコミ

草ボウボウだった闘牛場がすっきり!
闘牛場なのに中にいたのはヤギ?
posted by 離島ドットコム管理人 at 08:25 | 本島離島エリア

【南大東島2017】もはやアミューズメント!いろいろ運ばれる港のクレーン!!

ホント、南大東島も北大東島も船で行きたくなりますよね。これらの光景を実際に見ると。

人もカゴに入ってクレーンに吊られて上陸しますし、もちろんコンテナなどの荷物もクレーンで運びますし、車も、そして今回は大きな重機までクレーンで吊っている光景を見ることができました。

いや〜、大東島の港ってほとんどアミューズメント施設ですね。

まるで「実物大クレーンゲーム」って感じo^o^o

ちなみに飛行機で島へ行っても、船の停泊している時間に港へ行けばこれらの光景はいつでも望めますし、クレーンに吊られる「体験」も、船がいるときは可能らしいです。港湾事務所の方に言えば、船に乗らなくても体験できるそうです。しかも体験の場合は、実際の乗船下船の時より、高い場所まで吊り上げてくれます。もちろん「無料」ですw

もちろん島へ船で往来すればクレーンによる乗船下船はイヤでもできますが、レアなケースだとフェリーから小船に乗り移り、そのまま船ごと吊られて上陸なんてことも!

とにかく大東島は、船で行っても飛行機で行っても、このクレーン体験は絶対に味わって欲しいですね。

おそらく日本でここでしか体験できない、いわばアミューズメントですので^^ゞ

もちろん人もカゴに乗ってクレーンで!
小船もクレーンで上げ下ろしします
車もクレーンでつるして運搬
重機までクレーンで持ち上げちゃいます
こんな大型重機もクレーンで!?
posted by 離島ドットコム管理人 at 08:21 | 本島離島エリア