ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年05月24日

【宮古島2019】橋の駅んみゃ〜ち消滅!もともとは仮設の工事事務所

irabubridgemyaachi201905.jpg

伊良部大橋の工事中も、工事事務所兼工事見学所として活用されていた建物で、伊良部大橋完成後も「橋の駅んみゃ〜ち」として活用されていた建物が、ついに撤去されてしまいました。確か去年の秋まではあったと思いますので、最近撤去されたようです。



宮古島から伊良部大橋に向かって右側にある駐車場。その奥にあった建物が「橋の駅んみゃ〜ち」。建物といっても工事現場でよく使われているプレファブでしたが、当初は工事完了とともに撤去されると思っていましたが、完成後は橋の駅として有効活用。ある意味、上手くリユースしている施設でした。

しかも伊良部大橋入口にあるので、行きも帰りも良い休憩になる場所ですし、何より屋上の展望台からは、まさに「伊良部大橋が一望」。しかし1階の売店も、2階の展望台も、ついに撤去されてしまい、現在は更地になっています。あの景色が望めなくなると思うとちょっと残念です。

しかし「土建大好き」宮古島市。

この場所に島民の血税を無駄に使った、豪華過ぎる展望台を建設しそうな予感が・・・

確かにニーズはあると思いますが、正直なところ今までのプレファブで十分では?って思うところです。しかし土建大好き宮古島市としては、それでは土建業者にお金を落とせない(結果政治家にキックバックも入ってこない)。宮古島市に「リユース」という発想はなく、常に「スクラップ&ビルド」の精神です。環境に生かされている自治体が、環境破壊の精神しかないのが寂しいところです。

さてさて、この伊良部大橋入口部分はどうなるんでしょうね。多分、予想は的中しそうな気がします(/_;)








posted by 離島ドットコム管理人 at 10:57 | 宮古エリア