ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2022年07月28日

【波照間島2022】トラウマ乗り越え10数年ぶりに「シムスケー」!超綺麗になっていた!?

一般的な観光ガイドにも掲載されているのにホムペの波照間島情報には何故か無かった情報。

波照間島の古井戸こと「シムスケー」

単に興味が無いという訳ではなく、とあるトラウマがあって行くに行けなかった場所なんです。それは・・・

初離島初波照間島でパンクした場所だから。

しかも7月上旬の真夏の出来事。もちろんその頃は自転車持参なんてことはせずに、借りていた宿の自転車でしたが、まさかの集落から最も離れた場所でのパンク。さらにこの場所は坂を下った先で集落まで戻るにはひたすら上り坂。さらにさらに集落までの道のりには日影無く、地獄のような暑さだった記憶。それが完全にトラウマになってしまい、近くへ寄っても無意識に回避してしまっていました。

今回は自前自転車だったものの、だからこそパンクが怖くて行くか否か迷いまでしたが、このときは帰りの船まで時間があったので行ってみることに。まさに10数年ぶりの来訪となりました。


10数年ぶりに行ってみると、途中の道が綺麗に舗装。さらに貯水池もできているわ、以前は無かった可倒式風力発電も近くにあって、あの頃とは雰囲気も景色も様変わりしていました。ただシムスケー近くは完全未舗装の超悪路だった記憶が・・・


案の定、シムスケー近くになると未舗装になっているも、その舗装終了の場所からはシムスケーらしき場所が確認可能。なので無理せず自転車は舗装路に置き、歩いて10数年ぶりのシムスケーへ行った次第です。

haterumasimusuke2022c.jpg

10数年ぶりのシムスケー。ビックリしたのは以前は「どこが古井戸?」ってくら荒れまくっていた場所でしたが、草刈りもされているし案内もあればガイドまである整備っぷり。観光地になっていました(滅多に誰も来ないと思うけどw)。



古井戸自体も以前は草むらに隠れて全く分からなかったものが、今は草刈りもされてハッキリとその場所が分かるようになっていました。といっても単なる古井戸なので珍しいものでもありませんが・・・


また以前は草ボウボウで確認できませんでしたが、こんな感じの賽銭置き?お供え台?なんてものもありました。


さらに案内板の反対側には古井戸に下りることができる小道まであったのでした。



古井戸まで下りても綺麗な水というわけでもなく、特に見どころがある訳でもありませんが、沢ガニがいたのが面白かったです。近くに川や水場がある訳ではないので、まさに「井の中の沢ガニ」って感じでした。


ただシムスケーがある場所は、波照間港から約3km、集落中心からでも約2km。さらに周回道路から脇道に入らないとたどり着けないのですが、その入口に案内がないので何処にあるかわかりにくい。一番分かりやすいルートは「可倒式風力発電前の道を港方面へ進み、突き当たりを右・右」。これがおすすめかと思います。

そもそもシムスケー自体は、正直なところ絵になる景色ではありませんし、近くに何がある訳でもないので、行く価値はそんなにありません。私もおそらくもう二度と行かないかも?今回はあくまで「トラウマ払拭」がメインでしたので・・・w



posted by 離島ドットコム管理人 at 11:03 | 八重山エリア

2022年07月24日

【石垣島2022】辺銀食堂消滅?石垣ペンギンに改名したっぽいが…



以前はちょっと洒落た地元系食堂でしたが、ラー油で人気が出てからは完全に「天狗」になっている辺銀食堂。道路側に壁を作って閉鎖的なお店になってしまいましたし、さらに今度は店名まで変更したっぽい。

「辺銀食堂」「石垣ペンギン」

isigakipenguin2022c.jpg

コレはダメでしょう。名前に食堂ないじゃん。しかも入口が完全に夜のお店の雰囲気。「スナックペンギン」の様相です。もともと天狗になってからは行く気ゼロですが、今後は他の人にお勧めするのも止めておきます。



まさに改悪一直線ですね。。。
沖縄でよくある「天狗になるとサービス低下」の典型的なお店かと思います。





posted by 離島ドットコム管理人 at 10:46 | 八重山エリア

2022年07月22日

【喜界島2020】シュガーロード展望台誕生!でも絶景は別の場所がおすすめw


喜界島の隠れた名所「シュガーロード」。小浜島のパクリ?っと思われるかもしれませんが、絶景度もその道の長さも、明らかに小浜島のものを超える喜界島シュガーロード。以前はガイドマップにも掲載されておらず、案内もなかった場所でしたが、近年はGoogleMapにも載っていますね。

おすすめは喜界島北側から南に向かった景色ですが、そんな北側の高台に「シュガーロード用の展望台」を思わせる展望台が誕生。その名も・・・

大久保展望台「島一番」


何故に「大久保」なのかは、住所が「喜界町大字小野津小字大久保2667」から来ているものらしい。そして看板にはいろいろ書いてあるが・・・


(リンクで看板部分拡大)

「百之台〜大島本島〜空」と意味不明w

正確には「百之台〜奄美空港〜大島本島〜太平洋・東シナ海〜青空・夜空」とさらに意味不明ww
そもそもシュガーロードにある展望台なのに・・・

kikaisugarroad2020c.jpg



シュガーロードほとんど見えません!

道路は見えるものの、まっすぐに伸びるいかにも「シュガーロード」の景色はこの展望台からは全く望めません。さらに景色自体も道路がカーブしていてあまり開けておらず、正直なところ展望台からの景色はイマイチ。むしろ展望台ではなく展望台脇の道路に立った方がまだ景色はいいというオチ。


ただ道路に立っても道がカーブしていてまっすぐなシュガーロードらしい光景は望めません。そもそもシュガーロードは、この展望台からしばらく進み、左に曲がった先から始まります。

結果、この大久保展望台は「シュガーロード展望台」ではありません。単なる展望台、いや単なるウッドデッキですw

↓こんな景色を見たければ、展望台をスルーして先に進みましょう。






posted by 離島ドットコム管理人 at 14:13 | 奄美エリア

2022年07月21日

【石垣島2022】カフェがPCR検査センター?今の石垣島はまさに沖縄の縮図!

cafecorona20152022.jpg

グルメレポートでも以前レポートした、石垣島でも比較的賑わっていたカフェ「フルーツジュエリーファクトリー」。石垣島の中心街で「あやぱにモール(ユーグレナモール)」のすぐ近くにありましたが、閉店してしまったのは致し方ありませんが、その後に入った施設に衝撃!まさに「今の石垣島の現状」を物語っているかのようなものに変わっていました。

「PCR検査センター」


↓↓↓



ちなみにアフターの写真は2022年3月の時のもので、まだその頃の石垣島コロナは「1日20人/東京人口比4千人」レベル。しかし2022年7月現在の石垣島コロナは「1日330人/東京人口比6万5千人(7/12)」とまさかの16倍に激増。PCR検査もこのカフェの場所だけでは確実に足りないレベルになっている次第です。

さらに石垣島の先の離島群でもある竹富町コロナは「1日40人/東京人口比10万人弱(7/12)」。石垣島の先の離島では検査できないので多くの人が石垣島での検査になっているかと思うと今の石垣島は・・・

「新型コロナ地獄」

まさにこの一言だと思います。

知人がこの7月から石垣島に転勤になったのですが、怖くて今の石垣島のことを聞くに聞けません…(石垣島に家まで借りての転勤でまさかの日本最悪コロナの様相)。カフェどころか旧石垣市庁舎をPCR検査センターにすべき状況、いや検査どころか療養センターにすべき状況なのかと思います。今の石垣島は宿泊客より島民の命のために宿泊施設を石垣市が抑えて欲しいものです。

し・か・し、無能全開の沖縄県庁は石垣島がこの状況でも1ミリも動きませんし、石垣市も市長がコロナまん延時期に宮古島でキャバクラで遊びほうける危機感皆無全開っぷり。島の人が可哀相でなりません。そもそもその首長のトップであるはずの沖縄県知事が自ら新型コロナ被感染するほどの危機感皆無な今の沖縄。

「沖縄コロナは地獄へまっしぐら」

その縮図でもあり、沖縄県全体の近い将来でもある今の石垣島。

現実を見ろよ!無脳沖縄県知事と危機感皆無の沖縄の首長ども!!!

まぁ沖縄県民も石垣島の島民も、「きちんと」危機感もって行動しているか否か甚だ疑問ですが・・・(この3月の時も石垣島で島民の呆れた光景を何度も目にしているし・・・)





posted by 離島ドットコム管理人 at 08:50 | 八重山エリア

2022年07月20日

【加計呂麻島2021】豊かすぎる水中!沖縄ではもはや望めない光景を満喫!!場所は内緒

奄美エリアの海の中で、これまで「沖縄以上」と言える素潜りスポットは、正直なところ1つもありませんでした。海の透明度は高いものの、どこを潜っても岩場ばかりで珊瑚礁はほとんどありませんでした。確かにダイビングならその岩場の地形を楽しめるかもしれませんが、素潜り派では到達できないポイントばかりで、奄美での素潜りは半ば諦めていました。


加計呂麻島でも北端の「実久」や南端の「徳浜」はそこそこ楽しめますが、ドロップオフもないので(あってもビーチから遠いし流れも厳しい)、加計呂麻島での素潜りはイマイチ満喫できませんでした。そして今回も写真のような「砂利浜」で、海の透明度は高いものの、な〜んか珊瑚礁が豊かって印象ではない印象。

しかーーーし、潜ってすぐに予想と180度違った光景にビックリ!!!



なんだ!この珊瑚の森は!!!

まだ観光客が少ない頃の石垣島の米原アウトリーフを見ているかのような光景にビックリ。ちなみに現在の米原アウトリーフは珊瑚の死骸だらけの「死の海」になっていますが・・・


さらにビーチエントリーしてすぐにもの凄い深いドロップオフがあり、素潜り派には最高の地形。しかも流れがほとんどなく、ドロップオフにありがちなうねりも波もなく、快適に素潜りすることができた次第です。



とにかく珊瑚礁が豊かな海で「枝珊瑚」も色とりどりでしたし、何より今の沖縄ではほぼ皆無といっても過言ではない「テーブル珊瑚」も大きい物がいっぱい。何よりこのポイントの珊瑚礁は白化しているものが全く無く、とにかく全てのサンゴが生き生きしていた印象でした。なので・・・

ぜっっっっったいに場所は明かしません!!!


またドロップオフには魚もいっぱい居て、クマノミも濃いオレンジ色の「ハマクマノミ」から、薄いオレンジに白の2本線の「クマノミ」に、そして今の沖縄ではあまり見なくなった「ハナビラクマノミ」までいろいろ。ちなみに人気の「カクレクマノミ」はドロップオフポイントにはまず居ませんので確認できませんでしたが、それにしても魚も豊かなポイントで久しぶりに素潜りに無中になってしまうほどでした。


そーいえば沖縄の海では以前はどこへ行っても望めた「ツノダシ」も最近はめっきり見なくなりましたね(写真下のイソギンチャクがハナビラクマノミコロニー)。

kakeromadive202107h.jpg
とにかく深さがあるので、素潜りするには最高のポイントでした。深い場所からサンゴ越しに水面と太陽光を望む光景を久しぶりに思う存分楽しめた次第です。

何度も言いますが・・・

ぜっっっっっっっっっっったいに何処かは明言しません。

加計呂麻島の海を片っ端から泳いで探してみて下さいw



posted by 離島ドットコム管理人 at 13:18 | 奄美エリア

2022年07月16日

【奄美大島2021】徳浜の断崖に展望所ができた!でも絶壁より海が必見


奄美大島西岸の観光名所でもある「徳浜の断崖絶壁」。まさに「垂直」と言わんばかりの断崖絶壁は、奄美大島でしか望めない貴重なものだと思います。ちなみにこの徳浜の絶壁は、鎌倉時代に起きた大地震によってできたものと言われており、そこを貫くトンネルができたのが1968年。現在は断崖絶壁をくぐってその先へ行けるようになっています。

なので以前はこの断崖絶壁を見るために、道路脇の路側帯に車を停める必要がありましたが、広い路側帯ですがたまに通る車に恐怖を感じることもしばしば。それもあってか、その徳浜の断崖絶壁を一望できる場所に、新らしく展望所ができていました!存在を知らずにここを通ったのでビックリ!

amamitokuhamawall2021b.jpg
トイレこそないものの、駐車場は複数台停められるスペースを確保。断崖絶壁自体からは少し離れた場所ですが、大きな絶壁をフレームに収めるにはちょうどいい距離かもしれません。


ちなみに徳浜の断崖の詳細情報を記した案内板が駐車場に設置されていますので、それを見てから展望所へ登りましょう。


2021年時点では、まだできたばっかりの時期だったみたいで、超〜綺麗な状態でした。しかし海沿いのしかも西岸なので台風時に波と暴風雨がモロ。すぐに劣化しそうです。行くならお早めに!


頂上までの階段は踊り場が5ヶ所ありましたので、1段で高さ1.5mが目安なので展望所の高さは7.5mぐらいかと思います。3階部分から見る感じかな(高さ1.5mごとに1ヶ所踊り場を設ける規制あるので)。


そして徳浜の断崖を見るとこんな感じ。まさに断崖絶壁を一望できます。ただし遠くから見るとあのスケール感を味わえないのが残念。スケール感を味わうならやっぱり今まで通り断崖絶壁近くの道路から見た方が良さげです。


でもこの展望所は、断崖絶壁だけではなく徳浜の綺麗な海も望めます。むしろ海を見るための展望台なのでは?ってぐらいの綺麗な海の色が楽しめます。


また海側には特徴的な岩場が望め、奄美大島西岸にはこのような岩場は神聖なものとされているので、ここもそうかもしれませんね。さらに徳浜の場合はその岩場に独特の特徴があってかなりの見物かと思います。


岩場の中央をよく見ると、トンネルのような穴が開いています!


なんと海中トンネルのような穴がある岩場だったのです。カヌーなどでここを通ったら最高でしょうね。でもこの海域は奄美大島の中でも常に波が高い場所なので、カヌーなどの人力でここを通るのは無理でしょうが・・・。それでも青の洞窟のような海の色を展望所からは楽しめますので、行かれた際は是非とも海側の景色をチェックしてみましょう。階段の途中から見るとちょうど穴が貫通している様子がうかがえますよ。


いろいろな景色を楽しめる徳浜展望所ですが、でも断崖絶壁のみを見るならやっぱり絶壁近くの道路からの方がいいですね。それでも展望所は展望所でメリットがありますけどね。おすすめは展望所の駐車場に車を停め、展望所からの景色を楽しみつつ、歩いて断崖絶壁近くまで行って絶壁のスケール感を味わう方法かな。これなら通行する車もそんなに気になりませんからね。

とにもかくにもとかく何もない印象の奄美大島西岸に新しい名所ができたのかと思います。

「崖の下 海の上 徳浜展望所」





posted by 離島ドットコム管理人 at 11:25 | 奄美エリア

2022年07月13日

【石垣島2022】元老害芸人のお店は居抜き新店舗も閉店!そして廃墟化…

個人的にはどーでもいい話ですが、ネタ的に綴っておきます。石垣島でやりたい放題だった元老害芸人のお店。最新情報を含めてまとめてみました。

is36-0-20121219.jpg
某老害芸人時代のお店。有名芸人のお店のため繁盛していたものの、あまりにメニューがお粗末で芸人のファン以外はリピーターゼロという噂。

is36-0-20161029.jpg
その後、老害芸人が引退に追い込まれ、お店も立ちゆかなくなり、ついに売却。背後の白い建物とお店で「3000万円」という価格でした。



is36-0.jpg
その後、2016年頃にこの物件を買い取ったのか、賃貸なのかわかりませんが、別の名前のカフェとして再オープン。完全に「元老害芸人のお店」という甘い汁を吸おうとした営業方針で、料金は老害芸人時代よりもボッタクリ。すぐに閉店するだろうなって思っていましたが、興味無いのでしばらくノーチェック。そして2022年に通りかかった際に見てみると・・・

ishigakitorumuruins2022a.jpg


お店は完全に廃墟ですw

売出し中にもなっていません。その理由は、背後の白い建物は使われているようで、お店のみ廃墟化しているようでした。そもそもこの物件は同じ敷地に2棟あるもののようで、個別ではないからお店のみ売ることはできないみたいです。まぁお店のみ賃貸に出すこともできるのかもしれませんが、もはや老害芸人の名前さえ忘れられている状態なので(S田S助だっけ?)、この荒廃ぶりでは借りる人も居ないのかと思います。

ってことでお店は悲惨な結果になっていた次第です。復活はもうないと思いますw







posted by 離島ドットコム管理人 at 15:03 | 八重山エリア

2022年07月12日

【阿嘉島2022】パーラーみやま閉店?阿嘉港ターミナル内に新食堂?実は…

akamiyamaclose2022073226.jpg
阿嘉島の食事処といえば、以前は「パーラーみやま」一択でしたが、現在はいろいろなお店ができたものの、やっぱりあの前浜を見ながら食事できるパーラーみやまは最高でした。しかし現在の前浜のお店は様子がちょっとおかしい。近づいてみると・・・


入口付近の様子。どう見ても影響している雰囲気は無い。まさかの閉店?さらに近づいてみてガラス越しに店内を覗くと・・・


完全に物置になっている。これは確実に閉店してしまっている様子。初めての阿嘉島でも毎日のようにお世話になっていたお店だっただけにショックが大きかったです。

そんなうちひしがれた状態で、帰りの船を待っている間にターミナルに入ってみたら、ターミナル内の開店してもすぐに撤退してしまうお店スペースに新たなお店。「またか・・・」と思ったものの、なんか見覚えのある人。特にお店の看板とかもなかったので、チケット売り場で「ターミナル内のお店の名前ってなんて言うのですか?」って聞いてみると衝撃的なことが判明!



「パーラーみやまだよ。」

なんと!前浜の建物からターミナル内に「パーラーみやま」が移転していたのでした。帰りの船到着直前だったので飲食はできませんでしたが、お店の人と少し話できました。話によると「おそばとか料理したものはできないけど、簡単なものなら食べられるよ〜」っとのこと。

確かに手書きメニューにも「お弁当」や「カップ麺」程度で、メインは飲み物とかき氷のような雰囲気でした。テーブルもお店前に1セットあるだけでしたが、どのみちターミナル内にはテーブルもベンチもいっぱいあるので無問題。



個人的には前浜を見ながら沖縄そばやタコライスを食べるのが好きでしたが、何よりお店が閉店していなかったことが嬉しかったです。阿嘉島に行かれる方が居たら、帰りの船待ちの時間でもいいのでお店に寄り、食事がてらに「前浜から移ったんですね」って話しかけましょう!

ちなみに「新パーラーみやま」び場所は阿嘉港ターミナル内のチケット売り場側の出入口脇。トイレと待合所を往来する扉近くにあります。

<ターミナル奥より見る>


<トイレ出入口より見る>










posted by 離島ドットコム管理人 at 15:03 | 本島離島エリア

2022年07月03日

【竹富島2022】星砂の浜にトイレ出来ていたね


星砂はほとんどない竹富島の「星砂の浜」w
(あっても業者が人工的にビーチに撒いたものって噂…)

っていうか星砂を探したければ、鳩間島へ行けば確実です!
(島の北側のビーチならどこにでもある)


なので竹富島の天然のビーチに星砂は数粒しか見つからないようになっていて「星砂がたくさん欲しい人は売店で買いましょう」ビジネスのようですw


ちなみに「星砂の浜」は通称で、正式には「カイジ浜」。星砂がない現在は、まさにカイジ浜の方が的確かと思います。でも竹富島のビーチとしてはコンドイビーチに次ぐ観光名所なので、竹富港や集落からバスで往来も可能です。バスは30分に1本あるので意外とバス移動も気軽にできます。

ただ観光名所なのに星砂の浜にはトイレがなく、しかも集落からも離れているので、用を催した際はホントに困るかと思います。そんな方に朗報!

taketomikaiji2022d.jpg
2022年春の時点で、自転車置き場近くに立派な公衆トイレができていました!

個人的には特に「用」がなかったので中はチェックしてきませんでしたが、外観はかなり綺麗なトイレでしたね。男女別で車いす用(多目的トイレ)もあり、結構多くの人が利用していました。確かにコンドイビーチや港にはトイレはあるものの、集落内には公衆トイレ的なものはなかった気がしますしね。

竹富島で用を催した際は、コンドイビーチ/カイジ浜へ行くべしw(アイヤル浜・ナーラサ浜にはトイレありません…)






posted by 離島ドットコム管理人 at 14:28 | 八重山エリア

2022年07月02日

【波照間島2022】ニシ浜にコインロッカー?ボッタクリで明らかな違法営業


ニシ浜の駐車場は何年か前に整備されましたが、あくまで車用で自転車用の駐輪スペースはありませんでした。なのでニシ浜への坂を下った先に乱雑に置かれていて景観的にイマイチでしたが、2022年の春に行った際はそこに自転車が1台もありませんでした。

人はビーチにいっぱいいるのに自転車無し。その理由は・・・


トイレ・シャワー施設の裏手に広々とした駐輪場が整備されていました。今まで絵的にイマイチだった乱雑な自転車が、全てこの場所に移動していたので、景観的にも良い感じになっていました。

しかしそれに便乗した気になるものを発見。

haterumanisihamalocker2022c.jpg
明らかにマリン系の業者が勝手に置いたコインロッカー(ボートを乗せる台車に置かれているから)。

これは100%違法営業でしょう。竹富町が置いた物なら「竹富町」と書かれていますし、何よりすぐに逃げることができるような台車に置きっぱなしにしたりしません。明らかに島に関係があるマリン系も手がけている業者/民宿がやっている違法営業ものですね。こんなことをするのはホムペからも削除したあの業者/民宿ぐらいしかないとは思いますが、とにもかくにも違法営業ものは「利用しないこと」の一言に尽きます。

そもそも小物しか入らないロッカーで、長くても1〜2時間しか使わないものに「300円」もとるか?

ボッタクリも甚だしいです。

貴重品管理では確かにロッカーが欲しい人もいるかもしれませんが、沖縄の離島のビーチでロッカーがあるところは記憶の限り1つもありません。波照間島のニシ浜だけ盗難率が高いというわけでもなく、単に島にはびこる悪徳業者が違法に金稼ぎしたいから置いたものです。

なので・・・

波照間島・ニシ浜に設置しているロッカーは絶対に使わないようにしましょう!

そのうち貴重品を預けたロッカーが丸ごとなくなっているかもしれませんよ(そもそもマスターキーで業者は開け放題のロッカーです)。






posted by 離島ドットコム管理人 at 13:12 | 八重山エリア