ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2010年06月06日

【東京中央】本土グルメ2010年春「ガンダムカフェ」

去年の夏は実物大ガンダムを見るために帰郷。そしてこの春は久しぶりの本土のマラソン大会参加!・・・といいつつ、本当の目的は・・・

「ガンダムカフェ」

2010年4月24日にオープンしたばかりの、まさにガンダムをコンセプトとしたカフェ。マーケティングとしてはまさに「(ファースト)ガンダム世代」をターゲットとしたものですが、もちろんその後の世代にとってもガンダムは特別な存在なのかもしれません。それを証拠に去年の夏のあの実物大ガンダムの盛況ぶりはすごかったですからね。確かにファーストガンダム世代より上の年齢層の人はあの夏もあまりいませんでしたし、今回のカフェにも居ないような気がしました。

でも最初は男ばかりかと思っていましたが、確かにファースト世代の客層は男性ばかりだったものの、そのあとの若い世代は女性も多かったですね。っていうか男性のみのグループか女性のみのグループかって感じの客層だったと思います。しかも行ったのは日曜日の午後8時。いわゆるバータイムに行ったのですが、なんと入口で列をなしていました!普通、日曜日のバーって空いているはずなのに、このガンダムカフェは特別みたいですね。結局30分並んでどうにか入れましたが、その並んでいる間も店内の様子を見ることができるのでそれはそれで楽しかったです。入口ももちろんガンダムの頭の部分をモチーフした形でしたし、待っている間にカフェに併設されているお土産コーナーで「ガンプラ焼き」なるものも購入可能。待っている間に食べている人も多かったですよ。

ガンダムカフェ入り口


そして店内へ。最初に注文カウンターがあるものの、まず目に入るのは天井付近にあるかなり大きなガンダムの姿。しかもビームサーベルを持っている勇姿で多くの人がその姿の写メをとっていました。さすがに入店直後は恥ずかしくて撮れませんでしたが、どのみちここのカフェのシステムはドリンクもフードもカウンターまで自分で行って注文スタイル。なので席から直接注文は一切できないので、どのみちカウンターへ行く機会は多いですからね。なのでその大きいガンダムはいつでも撮影するチャンスはあると思います。

ちなみにドリンクはカウンターで注文してそのまま横のハロカウンター(笑)でもらって席へ自分で持っていくのですが、フードに関してはカウンターで注文後に番号札を渡されて席まで持ってきてくれるみたいです。さすがにドリンクはすぐできるものの、フードは時間がかかるものもありますからね。なのでドリンクとフードは注文方法こそ同じものの、受け取り方が違いますので注意しましょう。

注文カウンター飲み物カウンターのハロテーブル


それはさておき、店内の様子。基本的に狭いです。しかも喫煙エリア(窓際)と禁煙エリア(奥)が分けられていますが明確な区分があるようには感じませんでした。今回は奥の禁煙エリアへ行きましたが、基本的に喫煙者はあまり多くないようで、明確な分煙をしていないと思いますが、あまり気になりませんでしたよ。

それより店の奥のその禁煙エリアには先の大きいガンダム以外に歴代のガンプラが並べられていて、その方がかなり興味をそそりました。ファースト時代そのままのガンプラから現在リメイクされたものまでヒストリーにして並べられていました。まさにそのガンプラヒストリーの真下の席だったので、かなり楽しかったです。加えてたまたまそのヒストリーを正面で見れる側に座ったのでかなりのもの。

確かに他の席でも他のものを見れたりしたのかと思いますが、個人的にはこのガンプラヒストリーは最高でしたね。特にファースト世代のガンプラはまさに「これ!これ!」って感じのものばかりでした。定番の1/144のものもあれば大きいサイズのものもあって、これ持っていた!とか楽しめました。しかもガンダム世代じゃない人でもある意味知らない世界を見れたようで楽しめたみたいですよ。なにせ解説者付きですので(笑)。そのガンプラのみならずメニューの形や名前なども詳しく解説しちゃいますからね。ガンダム世代の人だと^^ゞ

入口正面のビッグガンダム店奥のガンプラヒストリー


まずはドリンク。今回のガンダムカフェのバータイムでは特定のドリンクを注文すると、それ専用のコースターがもらえるので最初はとりあえずその特定のドリンクを注文。頼んだのは「赤い彗星」と「青い巨星」です。赤い彗星はもう言わずとしれた赤いモビルスーツを操る「シャア」ですよね。そして青い巨星は青色のグフを操る「ランバラル」。まさに2強です。他にも緑色の「モノアイ」やピンク色の「セイラのくちびる」もありましたが、やっぱり2強はこの赤と青でしょう。1杯790円とやや高めですが、でもコースター付きとなると話は別。まぁ一般的なカクテルだと1000円ぐらいするのが普通なのでそれに比べればそんなに高くないのかもしれませんけどね。ただし味がかなり甘め。っていうかアルコールの感じが全くしない、いわゆる「お子様カクテル」って感じでした。これじゃ酔っぱらえないな〜ってほどですが、まぁこのカフェで酔っぱらうのが目的な人はほとんどいないと思いますからね(笑)。

赤い彗星&青い巨星


フードに関しては残念ながら他の店で食べた後に行ったのでがっつり系は食べませんでしたが、それでもガンダムらしいものも頂きました。トルティーヤはまぁ普通でしたが、「ザク・ピクルス」はまさにザクの角が刺さっていて「おお〜!」って感じでしたよ。しかもそのザクの角の他にもよく見るとジオン軍(ガンダムの敵)のマークも入っていました。でも味に関してはどちらもやっぱり普通で、量がかなり少ないのでコストパフォーマンスはイマイチ。まぁ先のドリンク同様に見た目重視なので、ここでお腹いっぱいになること、美味しいものを食べることを目的にして来る人は多くないと思いますので、これでも良いのかもしれませんけどね。他にもメニューはいろいろありましたが、その注文方式がいちいち席を離れるスタイルなので、結局面倒だったので頼んだのはこれだけ。

戦場のトルティーヤザク・ピクルス


でもこれだけだとちょっと寂しいので、お酒と料理はあまり期待でき無さそうだったこともあり、デザート系を頼むことにしました。最後はやっぱりアイスかな?って思いましたがアイスの他にもラテも頼んで最後はカフェ的に過ごすこととしました。

「ガンダムアイス」「シャアザクアイス」そして「ハロラテ」です。

ハロラテは言うまでもなく、ラテの表面にハロ(ガンダム内で登場する球体ロボット)の顔がそのままある感じでしたが、アイスに関してはシャアザクアイスは赤いだけだったものの、ガンダムアイスはまさにガンダムカラー。

青いゼリーの中に白いアイスがあり、そのアイスには黄色い果肉的なものが入っており、アイスの上には赤いものが乗っていました。この白地に赤・青・黄の3食はまさにガンダムカラー。最後の最後でかなり「おぉ〜!」って感じになりました。それまでかなり微妙なものが多かっただけに、このアイスやラテはいかにも!って感じで良かったですね。

味もそこそこ良い感じでしたしね(まぁアイスで外れは無いと思いますが・・・)。

ガンダムアイス&シャアザクアイスハロラテ


結局、このカフェのその注文方式からしてもそんなに無駄遣いはしないですね。いい意味で。注文する度に席を離れないとならないので、それがちょっと面倒でしたので。なので結局トイレにすら行くのも面倒だったので、なんかトイレに特徴があったということらしいのですが、それはチェックできませんでした。残念。

まぁこのガンダムカフェは実物大ガンダムと違って期間限定ではないと思いますので、また機会があれば行きたいですね。次は同じガンダム世代の人と行って語り合いたいな〜なんてね^^ゞ

でも飲み物はカクテルはパスかな?あれじゃカクテルじゃなくシロップジュースみたいなものでしたからね。無難にビールか定番カクテルが良いのかもしれません。フードメニューに関しては他にもいろいろあるので、まだまだ楽しめそうですね。

あと一番楽しめるのは店内のどの席に座るか。この座る席によって店内の見え方が変わるのでかなり楽しめると思います。今回はそのガンプラヒストリーの最新版側に座ったので、今度は同じ並びのファースト側に座りたいな〜って思ったりして。どっちに付け、そのガンプラヒストリーも大きいガンダムも店の奥にあるので、基本的に奥の席の方がおすすめかな?窓際のカウンター席は喫煙席ですし、また外に何が見える訳じゃないですし、逆に今回のように並んでいるとジロジロ見られるかもしれませんからね。もう一つ店内にカウンター席もあるものの、そこも先の注文カウンターを見る席なのでちょっと慌ただしいかも?そういう意味でも奥の席がおすすめかな〜?奥の奥のガンプラヒストリーがある席が一番お気に入りだったかな?


ちなみにガンダムカフェはこのバータイムの他にハロールやガンダム人形焼きを手に入れるためにランチタイムにも行きましたが、その際はドリンクのみだったのでまさにそのカウンターに座っちゃいましたけどね。でもそのバータイムに行ったときに500円ごとにスクラッチカードがもらえたらしく、全部で6枚あり、そのスクラッチを削って5点になるとドリンク無料!基本的に1点か2点が出るスクラッチのようなので、5枚もあれば1杯分は無料になるかもしれません。なのでランチタイムはお金を使わずガンダムカフェを楽しんだのでありました。まぁお土産でかなりお金は使いましたけどね^^ゞ

アイスラテ


そのお土産の話は別の記事にしていますので、詳細は以下のリンクからチェックしてみてくださいね。
数量限定のロールケーキ「ハロール」
ガンダム人形焼き


とりあえずガンダムカフェに行ってきましたが、実物大ガンダムほどの感動こそありませんでしたが、いつでも気軽に行けるという意味ではいいかもしれません。でも30年も前のガンダムでここまで盛り上がっているというのも驚きですね。確かにファースト以降も様々なシリーズがあったガンダムでしたので、その後の世代に受け継がれたものもあったと思いますが、このガンダムカフェは基本的にファーストガンダムのみがコンセプト。なのにこの盛況には驚きでした。

まぁ私のように実質的にこのカフェのために秋葉原に来るような輩もいると思いますからね。そういう意味では先日のお台場もそうでしたが「ガンダム経済効果」って奴でしょうか?今年の夏も東静岡で実物大ガンダムが復活するとの話ですが、私こそ多分行かないと思いますが、経済効果はそれなりにあるのかもしれませんね。

ガンダムが日本経済を救う?

なんてことはないものとしても、ここまでたった一つのことで盛り上がるのは、ここ最近では他に聞いたことがないですからね。そういう意味でも「ガンダム」ってすごいな〜って思います。そしてそのガンダム世代であった自分も嬉しく思えます。

posted by 離島ドットコム管理人 at 10:21 | 本土等その他エリア