ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2010年06月07日

【栃木】本土グルメ2010年春「宇都宮餃子」

今回はマラソン参加とガンダムカフェ以外にもどこかB級グルメ的なものを堪能したくていろいろ検討していました。定番だと厚木のシロコロホルモンなんかも有りですが、なにせ2010年のB-1グランプリはまさにその厚木が会場。9月18日と19日に開催されるので、できれば行きたいのですがいかんせんここ数年のこのB-1ブームもあると、会場へ入れても大混雑は必至。また食べたいものが食べることができるか微妙なところですが、まぁ厚木は比較的行きやすいので今回はパスすることとしました。

できれば横手焼きそばは食べたかったのですが、いかんせん遠い。富士宮焼きそばは去年食べたのでそこまでして行くことはないですし、吉田そばは食べたかったけど、近くまで行った際にお店が見つからなくて断念。同じエリアでもちょっと外れると吉田そばではなくほうとうになっちゃうんですね。ほうとうは山梨の友達がいたので何度も食べに行かされたのでもういいかな?って思っていましたし。

関東近郊で気軽に行けるB級グルメ。

いろいろ考えましたが、今回も結局テレビ番組の影響で決めることとしました。U字工事さんに感謝です。


「宇都宮餃子」


確か前回の帰郷でもテレビ番組に感化されて、餃子の王将やサイゼリアにも行きましたが、今回も同じ番組の「食べ尽くし系」で感化されて宇都宮餃子を食べに行こうと思ったのでありました^^ゞ

といっても宇都宮餃子のお店は基本的に車でないとアクセスしにくいお店が多く、いろいろ調べてもなかなか車無しでは堪能できないかと思いました。しかし最近、その宇都宮駅の東側が徐々に開発されて、有名店の支店が駅の近くにできていることを発見。とりあえず今回は宇都宮へ行くと言うよりもその先の温泉地へ行く途中の経由地として寄るだけなので、滞在時間はそんなに長くありません。多くて3店舗ぐらいなので、1日食べ回る訳じゃないので駅の近くのお店だけでも十分かな?と思いました。

なにせその駅の近くにできたお店はその食べ尽くしランキングでも1位のお店の系列でしたからね。
宇都宮餃子ランキング

他にも午前6時半から営業しているという店舗もあったので、とりあえず今回は2店舗。1店舗目は朝食でその朝から営業しているお店で食べ、もう1店舗はそのランキング1位のお店で餃子を頂こうと思いました。もちろん朝の6時台に宇都宮へ行く気はなかったですが、宇都宮餃子のお店は多くが10時からの営業なので、午前9時ぐらいには宇都宮入りして2店舗廻り、午後には温泉地へ出発しようと思いました。


とりあえず宇都宮までのルートは通常なら上野から東北本線で行くのですがこのルートだと緩行線で1時間半、片道1890円でしたが、浅草から東武の緩行線を使っても2時間もかかるが片道1160円と格安!この料金の差は大きいです!なにせ宇都宮へは餃子を食べるためだけに寄るのであまり移動費をかけたくないもので^^ゞ(餃子1皿250円前後ですからね)

ってことで出発は浅草から。正直、東武線はほとんど乗ったことがないので、東武の浅草の駅へ行くのは実質的に初めてかも?しかも同じ浅草だと思って都営浅草線で行ったのが大間違い。なんとまぁ同じ「浅草」という名前なのに地上まで出てしかも5分ぐらい歩かされる羽目に。銀座線でも一度地上に出なければならないので、この東武の浅草駅はアクセスがあまり良くないですね。まぁ「東武浅草駅」という位置づけなら仕方ないですが、それにしても浅草って乗り継ぎは悪いですよね。銀座線・浅草線・東武線のみならずTXも離れていますからね。まぁ目的地が浅草なら問題ないのですが、浅草で乗り継ぎをするのはあまり効率的ではない駅かもしれません。

それはさておきほぼ初めての浅草からの東武線。そんな乗り継ぎで地上を歩いて駅へ到着。平日の朝にも関わらず浅草の町には結構な人がいましたね。でも駅はさすがに通勤時間帯でも逆方向なのでそんなに混雑はしていませんでした。しかも始発なので楽々乗り込めましたし、席も右側を確保。というのも東武線沿線と言えばその線路の南側には・・・

 

「東京スカイツリー」


一瞬ではありましたがきちんとその姿を間近で見ることができました。でも近すぎて建設中の最上部を望めなかったのは残念。まぁこのスカイツアーはいつでも見に来れるですし、先日の帰郷の際には現場近くまで行きましたので、もう少し高くなってから見に行くこととします。そういう意味でもこの東武線を選択してよかったな〜って思います。まぁ時間はJRより30分以上かかっちゃいますけどね。

でも電車の旅って沖縄に住んでいるとものすごい新鮮です。車窓から見える住宅も沖縄とは全く違うんですよね。沖縄の家はほとんどコンクリート造で真っ平らな屋根ばかりですが、本土の家ってほとんど三角屋根の木造ないし軽量鉄骨造。この違いは歴然なので見ているだけで面白かったです。

あと田園風景もちょうど時期的に新緑の季節なので、景色が青々としていてきれいでした。そういえば沖縄にはこういう田園風景ってほとんど無いですからね。確かに水田は一部であるものの、基本的には畑の方が多いのでこのような緑のじゅうたん的な風景はほとんど望めません。しかも電車のように運転しないで景色だけを見る機会もほとんど無いので、こうしてのんびり景色を眺めることができる贅沢もたまりませんね。

 

そんなこんなで宇都宮までの2時間の電車の旅も結構楽しめました。さすがにこれから餃子を食べに行くので駅弁は今回はチャレンジできませんでしたが、のんびりした電車の旅はたまには良いですね。しかもあえて緩行線を使うことにより、景色もよりのんびり望めますので。新幹線は速いのはいいですが景色がほとんど望めないのであまり好きになれません。特急などなら在来線と同じ線路なので景色も楽しめますが、新幹線は別ですからね。まぁ料金的な部分もありますが^^;

そして宇都宮に無事到着。正直、宇都宮は今まで経由や車で通過したことはあっても駅から下りたことはなかったのでまさに初めて。しかし下りてみて思ったのは想像と全く違っていたこと。県庁所在地だけあってもう少し栄えているかと思っていたのですが、なんか閑散としています。しかも宇都宮餃子として町おこしをしているにもかかわらず、餃子タウンらしい雰囲気がほとんど無し。いろいろ駅の近くを歩いてようやく1軒だけ見つけましたがそれもかなり小さい。

あれ〜?

しばらくそんな疑問を抱きながら駅周辺を散策したのですが、大きな駅定番のバスターミナルも小さいし、駅の近くにデパートなどがあるはずなのにそれも全然無い。しかもその有名店の駅近くのお店もありそうな雰囲気すらなく、正直戸惑ってしまいました。しかも宇都宮って新幹線の駅もあるはずなのにその高架も見あたらない。

あれ〜?

と思いつつよく考えると今乗ってきた電車は東武線。そういえば先の浅草駅でもあったのですが、東武の駅ってJRとは別じゃない?確か宇都宮は東武線だと明確に「東武宇都宮」と駅名を分けていたような・・・。

正解!

東武宇都宮駅とJR宇都宮駅は徒歩15〜20分も離れていました(ToT)。重い荷物をもってその距離を移動しないといけなくなりました。どおりで駅周辺が想像と違ったわけだ〜。駅から徒歩15〜20分も歩けば地方都市だとそりゃこういう雰囲気になりますよね。幸い、この日は気温がそんなに高くなかったので、その移動もそれほど苦ではありませんでした。道もわかりやすかったのでスムーズに行けたものの、その東武宇都宮駅周辺でのさまよっていた間の疲れが結構残っていましたけどね。加えてこの前日はまさにマラソン。翌日にこのハードな移動はちょっと負担がかかります。まぁフルのあとだと身動きもとれなかったかもしれませんが、今回はハーフのあとだったので体力も十二分に残っていますからね。

そんなわけで東武宇都宮駅からJR宇都宮駅まで延々歩くことになりました^^ゞ


そして本来の目的のJR宇都宮駅に到着。さすがに東武よりは駅周辺も開けていて、餃子のお店も何軒か見かけることができました。今回はその朝早くからやっているお店と有名店の2店舗で餃子を食し、有名店では持ち帰りもgetして、その比較として駅中にあるお店でもお土産を購入できればと思いました。

まずは1店目。宇都宮駅西口にあるある意味定番店。


「宇都宮餃子館」
 

まさに駅のすぐ近くにありました。このお店は宇都宮駅周辺に何店舗もあるらしいですが、この西口店は先の話通り朝の午前6時半から営業していて朝食にも対応。今回は他の店舗が開店する10時前に到着したのでこの営業時間の長さは助かりました。

お店に入るとさすがに中途半端な時間のために客は少なめ。注文は食券ではなく普通に頼むのでまずは席について「焼き餃子」と「ライス」を注文。ホントは餃子だけでも良かったのですが、どうしても単品のみを頼む勇気がないものでついついライスまで。この後他のお店も行くことを考えるとライスはあまり食べない方がいいんですけどね〜。まぁ餃子とライスは相性がいいので、一緒の方が美味しくいただけるとは思いますが・・・。

ちなみにこのお店。焼き餃子といっても何種類かあって注文時に「焼き餃子」とのみ言ったので「どの餃子?」って返されちゃいましたけどね。でもお店の人が「これでよろしいですか?」って聞き返してくれたのでそのままお願いしちゃいました。1皿6個で250円。都心だと300円ぐらいなのでリーズナブルな方かと思います。味に関しては「宇都宮と言えば餃子」という感覚があったので期待しましたが、いたって普通。特に「美味しい!」と言いたくなるレベルではありませんでした。確かに美味しいのかもしれませんが、正直なところ餃子の王将の方が個人的には好きかも?まぁ宇都宮の場合は餃子が美味しいというよりも餃子の消費量が全国1、2を争うというだけなのかもしれませんが^^ゞ

それでも餃子のみでも十分満足できましたので、宇都宮で乗り継ぎ時間がある場合は一度外に出て駅の近くの餃子屋さんに行くのもいいかもしれませんね。特にこのお店は朝早くからやっていますからね〜。

 


そして次のお店へ。今度は反対側の東口のお店なんですが、宇都宮駅って西から東へ抜ける道が分かりにくい!お店がある1階からは最後まで発見できず。とりあえずスカイデッキがある2階へ上がったものの、駅の入口こそ見つかるものの反対側へは抜けられず。しばらく徘徊していてらどうにか東西連絡通路なるものが見つかったけど、正直言って分かりにくかった。ただでさえ前日のマラソンに加えて、この日も東武の駅からJR駅まで重い荷物をかついでの移動で疲れているのに・・・。

加えてその東口。工事中で1階部分に下りる階段が制限されていて、目的のお店は見えるものの近くへ下りれない・・・。あとで(帰りに)階段が見つかりましたが、駅から見るとその階段はいかにも工事中で階段があるようには見えなかったので、結局そのお店までものすごい遠回りをする羽目に!

なんなのー?今日は。どこまで歩かせるんだい!!!

かなりの遠回りになったものの無事に次なるお店まではたどり着けたのでありました。ちなみに東側はまさに再開発中のようで、2階のデッキも途中で止まっています。その先も空き地が多くてまだ開発まで至っていない感じ。そんな空き地の中にファミレス的店舗が2つあってどちらも餃子のお店。1店舗は先の西口にあった「宇都宮餃子館」でもう1店舗が今回目的にしていたそのランキングでも1位だったお店。


「宇都宮みんみん」
 

もはや有名店ですよね。この「みんみん」は本店は別で駅周辺も何店舗かあって、この東口のお店は比較的新しいもの。建物もキレイで広々としていましたね。まぁ駅の近くだけどアクセスが微妙でしたが・・・。このエリアはまさに開発中なのでもう少しあとになれば行きやすくなるのかもしれませんけどね。

ちなみにお店には駐車場も完備されており、混雑時を想定して外にはベンチもありました。人気店だけにランチ時などはかなり混むんでしょうね。私が行ったときは開店直後だったのでお客さんも少ししかいなかったですが、まぁランチ前の中途半端な時間なのである意味ちょうど良かったのかもしれません。

基本的にこのお店はまさに餃子専門店でメニューは餃子のみ。「焼き餃子」「揚げ餃子」「水餃子」の3種類。あとはライスなどの付加的なものがある程度。まさに餃子で勝負!って感じのお店でした。

今回は水餃子はそんなに好きじゃないので、焼き餃子と揚げ餃子の2皿を注文。もちろんライスも(笑)。

このお店では焼き餃子のみならずこの揚げ餃子も有名らしいので是非ともチェックしたくて頼んじゃいました。さっき他のお店で1皿&ライスを食べたばかりだったんですけどね。まぁ先のお店は遅い朝食ということで、ここは早い昼飯ということで^^ゞ

そして餃子が到着。まずは焼き餃子。先のお店同様、ものすごい美味しい!ってわけじゃなくやっぱり普通。でもさっきのお店よりは餃子のタレとかがあった分美味しく感じれたかな?特に羽部分も香ばしさとパリパリ感はかなり良かったと思います。

そして揚げ餃子。これは正直言ってイマイチ。揚げ方があまり好みじゃなかった。皮がパリパリになりすぎてポテトチップスのような食感になっちゃっていました。確かにからっと揚げているのかもしれませんが、個人的にはもう少し油っぽくても揚げ餃子なら良かったのかな?って思います。なんかポテチの中に餃子の肉を詰めたような食感でなんか違和感を感じちゃいました。

しかもそのランキングで1位ということもあったので期待はしていたのですが、食べてみるとなんかね。ラーメン屋の餃子とそんなに変わらないかな?って感じでした。

でもこのお店はテイクアウトが充実していて、通常の冷蔵物以外に店内で焼いたものをそのまま持ち帰ることもできますので、今回は持ち帰りでも焼きと揚げを注文。まぁ揚げを食べる前に注文しちゃったので、あとあと考えれば焼きを2枚でも良かったかな?と思いましたが。もちろん、その餃子はこのあと行く温泉地で酒の肴にでもしようかな?って思って買いました。

ちなみにこのお店の餃子は揚げも焼きも6個で220円なのでとてもリーズナブル。焼きと揚げの2皿で440円でライスもナント100円。これだけ食べて540円は激安ですね。持ち帰りも同じ値段だったので、値段的には大満足。まぁ味に関してはまた宇都宮まで足を伸ばして食べたくなるか否かは微妙なところでしたが・・・

でも今回食べた店舗以外のところを食べ歩きするのはやってみたいですね。これだけお店が多ければきっと自分の舌にあうものも出てくると思いますので。けどとりあえず今回はこの2店舗だけでも満喫できたと思いますので、次はまたいつになるやら・・・^^ゞ

 


2店舗巡った後は午後に温泉地へ向けて出発するまで時間があったので駅中や駅周辺のお店を散策。まさにその駅中には餃子グッズを取りそろえたおみやげ屋さんもありましたね。今回宇都宮へ来た理由でもう一つ、「餃子ふりかけ」を手に入れたい!ということもありました。もともとふりかけはあまり使わないのですが、話によるとまさに「餃子の味」という感じと聞いているので興味津々だったもので。事前にネットで探しても見つからなかったので、現地で味見して気に入れば購入しようと思いました。

もちろんそのお土産屋さんでしっかり売っていましたが、1本630円とやや高い。まぁ「おみやげ」という部類に入るので仕方ないのですが、通常のふりかけと比べると割高なのでちょっと躊躇してしてしまいました。

ってことで駅近くのデパート地下にあるスーパーへ(笑)。沖縄だとタコライスの素なんかはお土産屋の半額ぐらいでスーパーで売っていることがありますからね。でも探したもののスーパーには無し。どうやらこの餃子ふりかけはおみやげのみで一般市民には浸透していないようですね^^;

結局そのあと駅中のお店に戻って購入したのでありました。

ちなみにその駅中には「餃子小町」なる場所もあって、複数の店舗が軒を連ねていました。さすがにすでに2店舗で食べていたのでもうお店に入る気はしませんでしたが、とりあえずテイクアウトだけは先のお店以外と比較する意味でも欲しかったです。しかし売っているのがほとんど冷蔵もしくは冷凍もので、自分で焼いたりしないと食べられないもの。このあと行く温泉地の宿にはさすがにキッチンはないので、ここで購入するのは断念。頼めばすぐに食べることができるテイクアウトものもあったのかと思いますが、そこまでする気がなかったので今回は残念ながらスルーしてしまいました。まぁ先のお店で2皿分もすでにテイクアウトしていますし、加えて東京で予め買ったものもありますので、普段から夜はあまり食べないのでこれ以上あっても食べ切れませんでしたが・・・。

 


そんなこんなで宇都宮で餃子三昧。いろいろあったけど結構楽しかったです。でもできれば餃子そのもの意外に変わり種も欲しかったですね。餃子パンとかも駅中のパン屋さんを探したもののさすがに無かったです。そういうのはどっちかと言えば高速のSAの方が充実しているんでしょうね〜。駅よりは。

そもそも餃子のみなら宇都宮まで来なくても池袋の「ナンジャタウン」の餃子スタジアムで十分だったのかも?まぁその餃子スタジアムは以前行ったことがあったので2度はちょっとな〜って思って今回の宇都宮行きに至ったのでありました。どのみち温泉地へ行く途中だったのでそんなに面倒じゃなかったですしね。

ちなみに宇都宮駅からは電車で温泉地まで行くのはかなり大変ですが、この宇都宮駅から各温泉地まではバスが多く出ているんですね。ホテルが出しているものから温泉街が出しているものまで様々。時間があったのでそんなバスをウォッチングしていた分かりました。中にはサーキットまで行くものもあって、そういえばあったな〜って気づかされたものも。

でも基本は温泉まで行くバスが多いようで、たくさんのお年を召した方が乗られていました。もちろん私もそのバスに乗って完全に浮いた存在だったのかもしれません(笑)。まぁ月曜日の日中に温泉へバスで向かう人は少ないですからね。まぁ私とすればマラソン翌日ということで当然のことなのですが、普通はここまで来ないですからね〜^^ゞ

ちなみにその前日のマラソン会場。近くに温泉はありました。ちょっと足を伸ばせば有名どころもありましたが、いかんせん移動手段が無いので断念。しかもその有名どころは何度も行ったことがある場所なので、そう何度も行くのはちょっとね。

今回行こうとしている温泉は過去に行ったことはあるのかもしれませんが、いろいろあって記憶にほとんど残っていません。なので実質的に初めてなのかもしれませんが、そのレポートはまた別の機会で^^v
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:55 | 本土等その他エリア