ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2014年07月30日

【加計呂麻島】島の道は半分が通行止め。行く前に通れる道を聞きましょう

【加計呂麻島】島の道は半分が通行止め。行く前に通れる道を聞きましょう

加計呂麻島の道は奄美大島側は幅員も広くて移動しやすいのですが、その道を一歩外れると島の道は狭くそして曲がりくねってアップダウンも強烈。加えて島には平らな場所が少なく、どの道も山を切り開いているので、豪雨などのあとは小さいながらも土砂崩れが多くなります。

そして今年も奄美地方は何度も豪雨に見舞われて、公式には発表が無いものの加計呂麻島の道でも土砂崩れになっている場所も多いと思いました。

なので最近はレンタカーより小回りがきくレンタバイクで島巡りをすることが多くなりましたが、そのバイクでも通行困難な場所もありそう。

まずは島の人、道路のことなら島のバスの運転手に聞くのが一番。

とりあえず船が着く時間に必ず各集落からのバスが来ているので、ヒヤリングはしやすい。

そして聞いてみると予想通り。島の奄美大島と反対側の道は半分が通行困難とのこと。その道を通る計画をしていたので危うかったです。

しかもその話には出ていなかった道でも何カ所も小さい土砂崩れがあって、バイクだったから良かったものの車なら通行は厳しかったのでは?という場所も多かったです。

でも至る所で通行止めになっていたので、今回は加計呂麻島を全て巡ろうと思っていただけに、その道のりは予想以上になってしまいました。完全に行けない場所こそ無いものの、ものすごい遠回りをしなければならない集落も多く、加えてカーブも坂も多いのでバイクの運転には苦労しました。

よくよく考えると最初に加計呂麻島に来たときは島の半分を自転車で巡っていたかと思うと、我ながら恐ろしい^^;

とにもかくにも加計呂麻島を観光される方は港に着いたらバスの運転手さんに島の通行止めポイントを聞いておくのがオススメです。特に奄美大島側の主要幹線以外を通行する予定の方は。

ちなみに奄美大島でも同じように通行止めになる場所が多かったですが、奄美大島の場合は事前に告知されているのでどうにかなると思いますが、加計呂麻島の場合はする余地が無い細かい道路もあるので、まずは島のバスの運転手さんに。
posted by 離島ドットコム管理人 at 13:03 | 奄美エリア