ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2017年07月21日

【バラス2017】2017年7月。バラス島の大きさは史上最小かも?

2017年夏のバラス。今まで見た中で史上最小!!

なにせ話によると2017年のバラスは、大潮などの潮が大きく変化する時の満潮時は、全て海の中に沈むとも言われていますからね。おおよそ潮位は200cm〜0cmの間で推移しますが、今年の7月で潮位が120cmの時はこんなにちっちゃかったです(/_;)

2017年7月(潮位+120cm)

これって「お一人様」専用?

でもバラスはそもそも上陸よりも周辺海域を泳ぐ方がメインなので、小さくでも上陸できるだけマシかと思います。なにせ今年は完全に水没することもあるらしいので、出ているだけ良かった思いましょう。

ちなみに2016年の同時期に、同じ「+60cm」の潮位の時の写真があったので、2017年のものと比較してみましょう。

2017年7月(潮位+60cm)
2016年7月(潮位+60cm)

その差、歴然ですね。今年はバラスに行く予定はありませんでしたが、こんなに小さいバラスは今まで経験が無いので、行ってみたかった気もしますけどね〜。

ちなみにどちらも満月直後・大潮明けの潮位変動が大きい時期。最干潮直前のものです。上陸している人数はどちらも同じぐらいだと思いますが、こんなにも人口密度が違うんですね^^;

また島の位置もかなり去年と違っているようで、どちらも西表島と鳩間島を往復する船から撮影したものですが、背景の景色がかなり違っています。もちろん撮影した場所が違っただけかもしれませんが、航路はほぼ一緒なのでそんなに位置は変わらないはず。

でもこれからの時期に、台風が接近すればまた島の形も位置も大きく変わりますので、島のサイズが大きくなることを期待しましょう!

位置も形も大きさも、毎年変わるのがバラスの面白いところ。

同じ島の形は二度と無いかも(笑)。

バラスの旅コラム(2016年の時のもの)
バラスの旅コラム(2016年の時のもの)
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:25 | 八重山エリア