ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2018年12月01日

【宮古島2018】Uマットのシギラビーチハウス開発がえげつなさ過ぎ!

shigira2nd201811a.jpg

既に島の形が変わるほど、至る所を掘り返している、宮古島南岸のUマット系施設群。その中の「人工ビーチ」があるシギラ。もともとあった「ビーチハウス」は、まぁはいむるぶしなどと同じレベルの施設で、この程度なら適度かな?って思いましたが、そこに無意味な「リフト」を架けるわ、シギラ周辺はUマットの開発のヒドさが目に付いていました。そこに、リフト真横に「シギラビーチハウス第2期」なる計画があるのは知っていたものの、まさかの巨大施設!?

もはやビーチハウスではなく、ホテル1軒レベルの大きさ。

しかもスカイデッキまで作り、道路を越えた先にあるUマット系の宿泊施設と直接接続する構造。そもそも道路上を越える施設(歩道橋を含む)は、行政と警察の許可が無いと簡単には設置できないもので、再開発など官民が共同に行う大規模計画ならまだしも、1つの民間企業の開発で認められることはマレです。

しかし今の宮古島は、完全に行政とUマットや土建業者とはグルになっているので、まさにやりたい放題です。

あの誰も乗らないリフトも道路をまたいだもので、許可がなかなか通らず運行できずにいましたが、今回のスカイデッキは既に建設済みなのでスムーズに許可を取り付けたんでしょうね。しかしビーチに隣接する施設を、わざわざビーチの上の2階部分に底上げする必要ってあるのか謎。まさに宮古島でやりたい放題のUマットです。

さらに開発!海側にドデカい建物が!?


自力で石垣市街と新石垣空港!

ホントに、このシギラエリアのUマットのやりたい放題には呆れます。その新しいビーチハウスのスカイデッキの先には、さらに巨大な施設が工事中。この規模からして、確実にホテルでしょうね。ブリーズベイと同じ規模のレベル。島の景観もなにも一切考えず、利益優先で計画している感が否めません。

行政(宮古島市)も工事が大規模になれば、島の土建業者にお金がいっぱい落ちるし、土建業者と癒着している政治家にもお金が落ちるし、持ちつ持たれつなんでしょうけどね。でもここまで露骨な離島は、正直「宮古島市」だけです。

しかし目先の利益にばかり走っていると、宮古島へのリピーターは減少しているでしょうね。私自身、ここ最近は遊びで宮古島に行ったことは何年もありません。行っても工事だらけで嫌気が差すからです(マラソン関連でしか行っていません)。この工事の状況を見たときも、マラソン関連の滞在で、あくまで「ついで」に寄っただけ。本来ならシギラ周辺は完全に「避けて」通ります。

昔は「天然のシギラビーチ(岩場)」で素潜りを楽しんでいましたが、今は見る無残な状況。シギラ周辺を通りたくないし、そもそも宮古島に行くのも躊躇する状況です。おかげで八重山に行く回数は増えましたけどねwww

八重山を追い出されたUマット。名蔵の開発もこうなる?


ここまでUマット系の開発が酷いと、気になるのが石垣島の名蔵アンパルエリアの開発計画。しかも石垣島では環境破壊にしかならないゴルフ場新設も行うらしい。石垣島の名蔵が、このシギラのようになってしまわないか心配でなりません。なにせ名蔵アンパルといえば、ラムサール条約にも登録された、自然豊かな湿地帯。そこに隣接してゴルフ場を作れば、確実にゴルフ場で大量散布された農薬が、アンパル全域に広がります。

まだ石垣市は、Uマットとの癒着が宮古島市ほど酷いと感じませんが、今後どうなるかわかりませんからね。

でも石垣市や竹富町は、もともと土建依存ではないので、大丈夫だとは思います。対して宮古島市は、もはや架ける橋がなくなったので、リゾート開発に移行している感覚は否めません。宮古島市は一生「土建依存」から抜けられないでしょうね。土建依存すればするほど環境は破壊される。一度破壊された環境は元に戻らない。そしてその自然を楽しみにしていた旅行者も戻らない・・・

八重山には、この宮古島市の状況を冷静に見て、同じ轍を踏まないようにお願いしたい次第です。



posted by 離島ドットコム管理人 at 14:14 | 宮古エリア