ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2018年12月05日

下地島空港の旅行ガイド公開!ボツ写真はここで公開!?

stabiness-lccshimoji1a1.jpg

下地島空港の旅ガイドが無事に昨日、公開されましたが(入稿は先週末)、1つのガイドに掲載できる写真が最大でも「15枚」。しかも1段落だけをとると「3枚」なので、特に17エンドと35エンドの写真はボツになったものがいっぱい。

もったいないのでここで公開いたします。

下地島空港35エンド


意外にもあまり人気が無い35エンドの方が、写真が多くて選ぶのに困りました。逆に17エンドは枚数こそいっぱいあるものの、どれも似たようなものばかりですが、35エンドは様々なアングルから撮影できるので、写真の種類が多くて選ぶのに困りました。



中でもこの写真。別名「サンゴエンド」で泳いでいる際に、海から顔を出した瞬間に撮影したもの。17エンドではこんな光景は無理ですからね。この写真がボツになったのは、手前の35エンドのビーチと海が見切れちゃったから。もし見切れていなければ、旅ガイドの35エンド2枚目の写真にしていましたね〜。



そしてこの写真も最後まで掲載するか悩みました。まさに35エンドならではの、シュガーロード先を通過する航空機!17エンドでもこんな光景が望めますが、あっちの道路は味気ないですが、35エンド側の道路はまさに「シュガーロード」ですからね。この写真がボツになったのは曇っていて、色彩がイマイチだったから。ダイナミックさは絶対にこっちの写真なんですけどね〜。



旅ガイドでも同じような写真を掲載していますが、こちらの写真はエンドのフェンスがやや見切れ気味だったので、しっかりと写っているものを採用した次第です。航空機自体のアングルは、絶対にこっちの方が良かったんですけどね。でもこの写真は海があまり視認できないアングルだったので、ボツになった次第です。

下地島空港17エンド


17エンドは確かに絶景だけど、正直、どれも同じにしか見えませんよね。航空機の右側から撮影するのか、左側から撮影するのかの違いは出せますが、それでもそんなに違った印象はありません。

まずは定番の右側(航空機の左側)。旅ガイドで採用したのは、左右折衷の「正面」からの写真でしたが、その理由は左右どちらかから撮影すると、航空機の会社がモロにわかるから。正面からなら、ぱっと見はわかりませんからね。なにせ24年ぶりに就航する「LCCジェットスター」は銀色にオレンジ色ですが、この写真だとモロに「ANA」ってわかりますからね。ってことで定番のアングルですがボツになりました。



逆方向の左側(航空機の右側)だと、誘導灯の桟橋がいい感じで伸びた光景になりますよね。でもこちらも航空会社がはっきりとわかるのでボツになった次第です。でもタッチアンドゴーの時代は、1日に何回も離発着するので、この左右どちらでも撮影可能でしたね。でも定期便として就航するジェットスターは1日1往復のみなので、1日でこの左右両側を撮影することは、1人では不可能です。そういう意味では、タッチアンドゴーの時代はよかったな〜って思っちゃいますね。



そのタッチアンドゴーの時代でも、ANAは下地島空港で最後の最後までトレーニングをしていましたが、JALは早々と撤退。なのでこのJALの17エンドでの訓練光景はかなり「レア」です。しかもウイングレット付きの機材はかなり珍しい。

先の35エンドの道路を横切る航空機もJALでしかも大型機。ちなみにジェットスターは180人乗りの中型機。大型機のダイナミックさは、下地島空港に定期便が再開されても、当分望めないと思います。何より青い海には白い機体がマッチしますが、ジェットスターは銀色の機体。しかもどっちかというと灰色。景色的にはややイマイチの感が否めません。。。




2019年3月30日の下地島空港!こうなるか!?


旅ガイドでは「合成写真不可」なので、2019年3月30日以降の光景は想像するしかありません。でもこのブログなら自由。那覇空港で撮影したジェットスターの機材を、下地島空港の17エンドにはめ込んでみました。以前も速報で公開しましたが、改めて、どういう絶景になるか想像しましょう!



やっぱりJAL/ANAの白い機材の方が良いですね。青い海に灰色の機体(実際が銀色)はあまり映えません。まぁワンポイントのオレンジ色は映えますが、機材のほんの一部なので、どうしてもグレーの感が強いです。

そもそもこの光景は、南風になる夏限定。定期便が復活する3月30日はまだ北風の時期なので、もしかすると初便ではこの光景は望めないかもしれませんね。梅雨明け以降なら確実に南風なので、もしこのシーンを見に行くなら梅雨明け後に計画するのがおすすめです。もちろん3月でも4月でも南風になる日もありますが、完全にギャンブル。台風以外では確実に南風になる、6月後半の梅雨明け以降を狙いましょう!

北風の場合は35エンドでスタンバイです。見に行く際は、必ずアメダスで風向きを確認しましょう!



下地島空港を紹介した旅ガイド


LCC就航で話題の沖縄「下地島空港」
24年ぶりの定期便で魅力満載の島へ


stabiness-lccshimoji1a1.jpg




posted by 離島ドットコム管理人 at 11:41 | 宮古エリア