ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2018年12月20日

【東京2018】成田駅から成田空港まで歩いてみた!

naritaairportwalk2018a.jpg

あまり普通の人?は、まずやらない「成田空港まで歩いて行く」こと。私はもう何度もやっていますw

でもいつもは「成田空港から」で、「成田空港まで」は滅多に歩いて行きません。なにせ成田空港まで行くときは、旅や出張の最後で疲れもたまっていますからね。逆に成田空港からだと、旅や出張の最初なので体調万全。時には「東京駅まで」ウルトラマラソンのトレーニングがてらに走って行ったこともありますからね〜。

片道約70km笑(走)

アホです。ちなみに荷物は予め郵送しておき、必要最低限のもののみを背負って走ります。まぁ宮古島の100kmマラソンのトレーニングなので、70km走ってもまだ30kmも足りませんけどね〜。でも成田空港を午前10時に出ても、70kmも走ると6〜7時間かかりますので、東京に着く頃には真っ暗。距離より暗さと寒さがキツかった記憶があります(12月)。

その話は別の機会にするとして、今回は「成田空港まで」のお話。もちろん東京駅からではなく、JR成田駅ないし京成成田駅からのお話です。

成田駅から成田空港第3ターミナルまで約7.5km


ちなみに那覇空港から那覇市街までも、毎回歩きます。でも那覇空港って意外と那覇市街が近く、奥武山公園まで約3km。実は30〜45分もあれば空港まで歩いて行けてしまうんです。成田空港になると、最も成田市街に近い第3ターミナルで、成田駅から約7.5km。第2となると8kmちょっと。第1は別格で歩いて行くのは厳しいので、第3や第2まで行って、無料循環バスに乗るのがおすすめです。

成田駅から成田空港第3ターミナルまでは、おおまかに2つのルートがあり、最短の「さくらの山公園経由(7.3km)」と、道がわかりやすい「国道51号&295号経由(7.5km)」があります。しかし最短ルートは、途中に物凄い坂があり、さらに7.3kmの間に人通りもなければお店も皆無で、孤独感を感じるぐらい寂しい道のり。唯一「さくらの山公園」があって、休憩がてらに瀬長島のように飛行機を楽しめますが、それ以外は孤独感との戦い。一度歩いたことがありますが、あの寂しさは耐えがたいものがあり、今回はもう一つの国道ルートにチャレンジしてみました。1回右に曲がるだけの簡単なルートです。

国道51号線区間はファミレスも多くて楽しい道のり


国道51号線区間は成田駅からは約2km。千葉の主要幹線道路なので交通量も多く、ファミレスなどのお店もあって安心です。歩道も広いですが、成田駅側(進行方向左側)から、成田空港側(進行方向右側)へ、なかなか渡ることができないのが難点。でも途中にアンダーパスがあるので、そこを有効に活用すると信号も気になりません。

そして「寺台インター」という大きなジャンクションから、成田空港まで続く国道295号線に入ります。国道の側道(進行方向右側)に入ったあとも、アンダーパスで成田空港側(進行方向左側)の歩道へ渡りましょう。そこから興味深い歩道が始まりますよ。

国道295号線の歩道は路面に注目!


今まで国道295号線区間は歩きも走りも、必ず成田空港に向かって「進行方向右側」のみで、「進行方向左側」を通るのは初めてでした。っていうか、そもそも景色を眺める余裕が無い状態でしたが、今回は時間も余裕があったので景色を楽しみながら歩きました。路面を眺めながら歩いていたら、面白いものを発見。



歩道に世界各地の国の形とその首都が書いたプレートが埋め込んであります。正直、成田空港までの5kmの道のりが、このプレートのおかげで凄い短く感じました。国の名前を見て「この国は北欧で首都は・・・」って自分でクイズをやってましたw正解すると「良し!」って感じでww

しかもそのプレートの間隔がいい感じで、まさにクイズをやるにはいいタイミング。国の名前と形で、どのエリアかは結構当たりましたが、首都はかなり怪しかったです。地理の授業は好きだったのですが、さすがに首都まで覚えていなかったですね〜。でも気になるのが「台湾」。この歩道のプレートではきちんと「1国」として扱われていましたね。

また国道51号線からの序盤は、日本の都道府県でした。っていうかそこに「沖縄県」があったので、歩道のプレートに興味をもった次第です。沖縄を発見していなければ、今回も素通りで終わったかもしれませんね〜。



でも沖縄の県のプレート。与那国島と大東島がはしょられています。大東島は仕方ないとしても、与那国島はもう少し範囲を拡大すれば入った状態だったので残念。それでも沖縄本島と宮古・八重山の距離感ははしょられていませんでしたので、ちょっと嬉しかったです(離島ドットコム管理人だけにw)。

ちなみに国道51号線のジャンクションからだと、最初に日本各地の都道府県のプレートがあり、その次に世界の国のプレートが成田空港に向けて並んでいます。ジャンクションから空港までの半分の2.5kmを過ぎると「ヒルトンホテル」や途中唯一のお店「セブンイレブン」があり、それ以降は日本各地の花や鳥になっていました。その最後の2.5kmの花や鳥はあまり興味無しw

でもヒルトンやセブンイレブンあたりまでの歩道は、ホントに楽しかったです。

最後はあの懐かしのゲートを歩いてくぐる!




成田空港といえば、昔は電車で行っても駅を下りてから身分証明書を提示しないとターミナル内に入れませんでしたし、車で行ってもゲートで一時停止して身分証明書を見せないと車も通れませんでした。バスの場合はさらに面倒で、バスの中に検査員が入ってきて1人1人身分証明書を確認していましたからね。バスだとかなりの時間を要しましたが、現在は電車でもバスでもこの身分証明書の提示はしなくてOKになりました。

結果、ゲートも素通りOKで、徒歩でも歩道をそのまま素通りして、成田空港内に入ることができます。ゲートのすぐ先にはもう第3ターミナルの姿が!?しかも階段を上ればすぐに第3ターミナルに入れますので、ゲートから先は意外とスムーズで楽です。まぁここまで成田駅から「約7.5km」もありましたが、途中の歩道のプレートは、ホントにその長さを短く感じさせてくれましたね。

みなさんも一度、成田駅から成田空港まで歩いてみませんか?特に春はこの道沿いに桜が咲いていますのでおすすめですよ。

さらに歩いた分の電車賃も浮かせられます。

電車だと、成田駅から初乗りで乗っても東京からそのまま乗っていても、この成田駅〜空港第2ビル駅までは、運賃が京成だと「+260円」、JRだと「+200円」かかります。歩けばこの分が浮く次第です。ちなみに成田駅からの初乗り運賃も、東京からの乗り継ぎ追加料金も同じなんですよね。通常は乗り継ぎなら安価な運賃加算なのに、丸々初乗り分が加算される成田駅〜空港第2ビル駅だったのでした。

成田駅から成田空港まで歩いてみませんか?運賃分が浮かせるだけではなく、歩道のプレートも楽しめますし、春には桜も楽しめますよ。




<成田駅から成田空港第3までのルート>








posted by 離島ドットコム管理人 at 12:00 | 本土等その他エリア