ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2018年12月26日

【池間島2018】フナクスの自称キャンプ場はほぼ廃墟!ブロック復活!!

ある意味、予想通りでした。多分、無許可で建てられていたあの建物がほぼ廃墟状態に!?

池間島のフナクスキャンプ場

酷いものです。勝手に建てた人は、責任をもって「撤去」してほしいものです。建物は造るだけではなく、改修するにしても撤去するにも、最後まで責任をもってほしいものです。そもそも無許可建築するような人に、そんな意識はないのかもしれませんが・・・





そしてその廃墟脇の駐車場とトイレ。こっちは行政が管理しているのかと思っていましたが、なんとそのトイレが閉鎖。公衆トイレじゃなかったのでしょうか?謎が多いフナクスキャンプ場周辺。さらにビーチへの入口も閉鎖。もはやこの駐車場の意味はなくなっていました。





しかーーーし、なんと本来の「池間ブロック」の名前の由来にもなっていた、コンクリートブロックの階段が正式に復活!今までも残っていたものの、駐車場からビーチへ出入りするようになっていたので、半ば忘れられていたブロック階段。それが大々的に「入口」と書かれて復活。

やっぱりフナクスにはこの「ブロック階段」が主役ですからね〜。

ただ大きな看板はあるものの、駐車場からは視認できにくく、入口の存在を知らずに離れてしまう人が多そう。誰がどう見ても、駐車場側の閉鎖されたところが入口に思えますからね。どのみち、必要以上の観光客を呼び込んでしまったフナクスで、海の中の環境悪化は酷いもの。サンゴを踏み荒らす観光客のせいで、サンゴは酷い状況でした。加えて餌付けで海の中の生態系は滅茶苦茶。

ブロック階段が復活しても、海の中の環境が元に戻るには時間がかかりそうです。その前に、あの邪魔な廃墟、建てた人は撤去するか改修して、安全な状態にして欲しい次第です。

funakusu2018e.jpg




池間島 池間ブロック/フナクス まとめ




posted by 離島ドットコム管理人 at 11:17 | 宮古エリア