ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年04月07日

【本島南部/那覇2019】ビーチ巡りランニング!しかし全部埋め立て人工ビーチ・・・

sunrise20190407.jpg

4月7日は海開きがてんこ盛りの沖縄。那覇でも開催されますが、残念ながらその時間にビーチに行く余裕はありませんでした。でも朝ランでその海開き「前」のビーチにも行ってみました!ついでに地元の人でも滅多に行かないあのビーチにも!?

美々ビーチいとまん



朝ランなので朝焼けの中での光景で海の色はイマイチでしたが、朝焼けはいい感じでしたね。糸満の埋立地「西崎」の奥の奥の奥(笑)にある人工ビーチ「美々ビーチいとまん」。正直、何年ぶりだろ?ビーチの中まで入ったのは!?(もしかするとオープン直後以来)。

その理由は、この人工ビーチは正直「臭う」から。現在はどうかわかりませんが、開業当初はホントに臭くてよく泳げるな〜って状態でした。そもそも工場地帯の埋立地の中にあるビーチで、それらの排水がモロに入ってきます。その現実を知っている人はまず行かないビーチですからね。しかもへんぴな場所にあるのに、駐車場が有料。あり得ません!!



さらに今朝はある光景にビックリ!美々ビーチの沖に歩いて行ける橋と遊歩道が通行止めになっていたんですね。久しぶりにビーチ内に入ったので、いつからこの状態になっていたか分かりませんが、まさに散々なビーチです。あのホテルもこの現実を知らずに、格安ツアーで泊まる人が多く、ホントにガッカリでしょうね。ビーチは綺麗じゃないし、周辺は工場だらけだし、コンビニどころかお店1軒も周辺にないですし。

はたして次にビーチ内まで足を運ぶのは何年後か!?(笑)。ちなみに美々ビーチの海開きは3月末に終了。完全にホテル主体の勝手な海開きだったと思いますけどね。。。




美らSUNビーチ



正直、夜明けが遅い冬には朝ランで絶対に通らない、那覇空港南の埋立地「豊崎」のビーチがある西側。その理由は治安の悪さ。街灯が全く無く真っ暗ですし、さらに怪しい違法駐車が多くて、怖すぎて通れません。でも4月ともなると、朝ランの時間だと明るくなるので、こちらも久しぶりに「美らSUNビーチ」に入ってみました。ちなみに朝ランしたのはまさに「海開き」の日。なのでその準備とかもあるので、治安もいつもよりは良いと思って行った次第です。

しかしビーチ入口に行くと、なにやら交通規制をしています。海開きまで4時間以上もあるのにもう交通制限?そこまで盛り上がる沖縄の海開きではないので謎でしたが、ビーチ内に入ってみて納得!



トライアスロン大会が開催されていました!

っていうかスタート直前でした。なのでビーチに選手がいっぱいいましたし、その関係者とかでビーチが大混雑。下手すれば海開きイベントよりも、このトライアスロン大会の方が賑わっているのかもしれませんね。でも埋立地の豊崎のみで行われるトライアスロンなので、長くてもオリンピックディスタンス(スイム1.5km前後・バイク40km前後・ラン10km前後)かショートディスタンスでしょうね。

宮古島で行われるようなアイアンマン(ロングディスタンス=スイム3km前後・バイク150km前後・ラン42.195km)は沖縄本島では交通規制ができないので無理ですからね。おそらく豊崎の埋立地をグルグル回るだけの面白く無いコースだと思います。そもそも沖縄のトライアスロンといえば、4月に宮古島と石垣島で開催されますので、この豊崎の大会へ参加する選手はその2つに参加できない人だけかも・・・

多分、トライアスロンが終わる頃に海開きが開始って感じで、警備をしやすくしただけで同日開催になったんでしょうね〜。ちなみに豊崎の人工ビーチは、美々ビーチほどは臭いません(笑)。




波の上ビーチ



そして那覇でも海開き。那覇の海開きといえば、那覇市街のど真ん中にある「波の上ビーチ」。ここも以前は生活排水でかなり臭うビーチでしたが、最近は臭いもあまりしなくなり、海の透明度も高くなりましたね。ビーチの目の前に架かる2本目の橋のおかげで、周辺の生活排水が流れ込まなくなったからなのかな?まさに怪我の功名(笑)。こちらは朝ランのタイミングで、完璧に海開きの準備中。まだ海開きの看板も設置前。でもビーチ内の式典テントは既にできていましたね。



しかーーーし、その海開きの準備をしている空気を読めない観光客が、なんと既に泳いでいました。確かに沖縄のビーチは海開きしようがしまいが何時でも泳いでOKですが、しかし海開きのイベント準備をしているのは明らかなので、空気を読んで欲しかったものです(笑)。




ビーチ巡りランニングまとめ

糸満・豊見城・那覇の3つのビーチを巡ったランニング。残念ながら全部「人工ビーチ」だった次第です。那覇の「波の上ビーチ」は、もともとあった岩場をベースに作られたものですが、他の「美々ビーチ」と「美らSUNビーチ」は、海を埋め立てて造った場所に、さらに砂で埋め立ててできた人工ビーチ。環境的には最悪のビーチです。基地の埋立は「海を殺すな」とかギャーギャー言うのに、なんでこれらの埋立地には何も言わないのか謎(笑)。

ちなみに埋立地の人工ビーチは、基本的に臭いです。石垣島の「南ぬ浜町ビーチ」もまさにその悪い例。天然の岩場を埋め立てた人工ビーチは、それほど臭いがしませんので、違いは歴然。まぁ埋立地の中の人工ビーチは限られますが、ただホテル前にあるビーチは、9割は人工ビーチじゃないのかな〜?(数えていませんがその感覚)。那覇近郊で天然ビーチは「カーミージー」ぐらいかな?といっても最近、そのすぐ真横に道路を作られてしまいましたが・・・

せっかくの沖縄旅行。人工ビーチは避けて、天然ビーチを選んで行きましょう!本島だと天然ビーチを見つける方が大変ですが、離島ならその天然ビーチの確率も高いですからね〜(離島でも石垣島のマエザトビーチ/南ぬ浜町ビーチ、宮古島のパイナガマビーチ/トゥリバービーチ/シギラビーチは人工ビーチですが・・・)。

ちなみに沖縄に住んでいると、人工ビーチは先の話のように「臭い」があるので、まず泳ぎません。っていうか個人的には一度も泳いだことがありません^^ゞ(臭いから)




posted by 離島ドットコム管理人 at 11:52 | 沖縄本島内