ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年04月15日

【宮古島2018】孤独なグランピング、動かせないキャンピングカー?謎の宿

吉野海岸入口周辺は、何が何だか最近、よく分かりません。そもそも吉野海岸も強制的に有料駐車場に停めさせるという行為が横行していますし、素通りしてビーチまで下りようとすると、その有料駐車場の業者に追いかけられます。ビーチを見るだけでも追いかけられましたからね・・・(バイクで行っても)。宮古島市の指定業者とうたっていますが、何の「指定業者」か一切書いておらず、またその認可証を掲示しているだけではないので、うさん臭いったりゃありゃしません。吉野海岸はホントに酷いので、泳ぐなら隣の平和な新城海岸にのみ行きましょう!








さ・ら・に・・・

吉野海岸入口にあった無料駐車場が、いろいろな圧力があったのか閉鎖になりましたが、その跡地に謎のキャンピングカーだらけの施設ができていました。特にグランピングできるだけでもなく、キャンピングカーを並べてあるだけ。まぁ興味ないので何か調べる気もありませんけどね。でもこのあとレポートする施設を見て、なんとなくわかった気がしました。


その施設とは、吉野海岸の近くにあるゴルフ場の入口向かいにできた宿。ゴルフ場自体は、クラブハウスの大浴場やレストランをビジター利用できたので重宝していたと思いますが、そのゴルフ場の向かいにいろいろ意味不明な宿泊施設がオープン。

「Ocean’s Resort Villa Vorla/ヴィラヴォーラ」





周辺にあるのは目の前のゴルフ場のみ。集落どころか家一軒もない、まさに孤独な場所に宿が造られていました。HPではリゾート感満喫できる的な表現をしていますが、とてもとてもリゾート感なんて微塵も感じられません。単なるプレファブ造りの小屋が並んでいるだけ。しかも海が見えるわけでもなく、海を近くに感じることもできない、非常に孤独感満載(笑)。グランピング施設のようですが、まだキャンプ場の方が賑やかです(笑)。

ここに泊まっていったい何をしたいのか?(させたいのか?)。謎です。ちなみに宮古島のこの東部エリアで宿をやっている人とお話できたのですが、その方もこのゴルフ場のこの宿は謎だと言っていました。

「ヴィラヴォーラ」が謎であるの4つの理由

・リゾートをうたっているのに、荒野にぽつんとあってリゾート感皆無。
・高級志向のつもりだが、建物はプレファブで安っぽい。
・グランピングしたくても買い物すらできないロケーション。
・ゴルフをする客層がグランピングをするわけもなく、ターゲットが謎。






さらにこのグランピングの宿の敷地内かと思いますが、先の吉野海岸入口に大量に停めてあった、キャンピングカーを客室にした宿泊プランもあるとのこと。さらにその宿の説明には「移動不可」って書いてありました。つまり吉野海岸入口にあったキャンピングカーは、この敷地内まで必要な時だけ移動させると言うものみたいです。移動不可なら最初から敷地内に停めておけば良いのに・・・

そもそも宮古島にはキャンピングカーを停めておける大きなキャンプ場がないから、当初は移動可能な宿のつもりだったものの、認可が下りなかったのかもしれませんね。結果、この中途半端な利用になったのかもしれません。





Ocean’sResortVilla Vorlaの末路

もちろんこれらのことは多くが推測であり、実際はどうなのかわかりませんが、正直なところ調べる気も興味もありません(笑)。どのみちプレファブでも、動かせないキャンピングカーでも、あの立地じゃ誰も泊まらないと思いますので、営業は長くはないかな?って思います。既に高級志向のコンセプトにも関わらず、ネットではダンピング(安売り)していますしねw

まぁプレファブでもキャンピングカーでも撤去は簡単なので、それほど害は無いと思います。ただ台風後にどうなっているかが、少し不安ですが・・・(キャンピングカーは転がり、プレファブは屋根が吹き飛ぶなど)。宿をやるなら、もう少しターゲットを明確にして、それに併せた施設にして欲しい次第です。特に宿は「箱」だけじゃダメだと思います。







(この記事はあくまで私的な印象です)
miyakovillavorla201811a.jpg
posted by 離島ドットコム管理人 at 12:03 | 宮古エリア