ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年05月27日

【下地島2019】みやこ下地島空港17エンド車両通行止め!その効果は?

shimojiroad201905.jpg

あまりの車両マナーの悪さに、みやこ下地島空港の開港とともに「車両通行止め」となった、17エンドへの道。その状況をチェックしてきました。また通行止めポイントから、17エンドの誘導灯までも実際に歩いてみました。結果から言うと、車両通行止めは効果覿面。中でも最もマナーが悪かった「観光バス」を全て排除できたのが大きかったと思います。


中の島や通り池から17エンドへ(0.7km)




多くの方は、通り池側から17エンドに行くことになると思いますが、車両通行止めポイントから17エンドの誘導灯までは「約0.7km」。徒歩にして「9分」なので、普通に歩いて行ける距離です。しかもその「0.7km」は絶景の海の色を楽しみながら歩けますので、言うこと無しでしょう。しかし「たったの0.7km」、「されど0.7km」。往復だと「1.4km」にもなりますし、何より一切の日影無し。さらに白い路面からの照り返しもあるので、日傘だけでは暑さはしのげません。肌を露出しない装いでチャレンジしましょう。

また車両通行止めポイントには大きなスペースがなく、一般車が転回するのがやっとなレベル。でもその結果、大型観光バスが来れないんですよね。まさに結果オーライです。なにせ観光バスで来る団体客のマナーは最悪。「酷い」を通り越して「悲惨」でした。その観光バスを今後も排除する意味で、この車両通行止め部分の整備は行わずに、このままでいて欲しいものです。

しかし「土建大好き宮古島市(土建業者癒着必須の宮古島市)」。多分、バスが転回できるレベルの農地を切り開き、整備しちゃうんだろうな・・・




みやこ下地島空港ターミナルから17エンドへ(1.5km)




意外と穴場なのが、みやこ下地島空港ターミナル側。今回も通り池側は車も人も多かったですが、ターミナル側はほぼ皆無でした。まぁそれには理由もあって、なにせ車両通行止めポイントから、17エンド誘導灯まで「1.5km」もありますからね。つまり往復「3km」を、日影が全く無い中を歩かねばなりません。片道「20分」、往復「40分」も炎天下の中を歩くのはキツいです。でもターミナルから直接行く場合は、こちらが最短になるとは思います。

車両通行止めポイントは滑走路のすぐ脇の、以前からあった曲がり角部分。こちらもバスが転回できるスペースはありません。でもこちらは整備された道路があるので、車は停めやすいと思います(縦列駐車)。ただ17エンド誘導灯までの道のりは予想通り長かったですし、さらにまっすぐな道なので気が遠くなりそうな感じ。ちなみに、みやこ下地島空港ターミナルから17エンド誘導灯まで行くと片道「約3.5km/徒歩45分」。往復「7km」で徒歩にすると往復1時間半もかかります。

でもこの「片道45分」には大きな意味があったのです。その話題は別の機会で^^ゞ




車両通行止めでも二輪車はOKっぽい!

車両通行止めにより、17エンドまでの道は「車」では通ることができなくなりましたが、一応「車両」でも、バイクや自転車は特に制限していません。実際にバイクで17エンドまで来ている人もいました。そういう意味で、みやこ下地島空港ターミナルで、シェアサイクルやレンタサイクルをすれば最高だと思うんですけどね。どのみちレンタカーでもタクシーでも、17エンドまでの歩きが必要になるのですから、だったら最初から自転車なら理にかなっているのですけどね。

しかし土建依存以上に、タクシー業者との癒着が強い宮古島市(平良市街から宮古空港までのホテル巡回無料バスもタクシー業界の反発で廃止された経緯あり)。レンタサイクルも無理なんでしょうね・・・


みやこ下地島空港17エンド車両通行止め まとめ

  • 通り池側から17エンド誘導灯まで片道「約0.7km/徒歩9分」
    (ターミナルからだと+9.5km)
  • ターミナル側から17エンド誘導灯まで片道「約1.5km/徒歩20分」
    (ターミナルからだと+2km)
  • 通行止めポイントでバスの転回は不可能で団体バスが来れない
    (結果、マナーの悪い団体が来ない)
  • 通行止めポイントに駐車場は無く、道路に縦列駐車することになる
    (夏場、車だらけでどうなるか怖い)
  • 車両通行止めといっても2輪車は通行可能
    (バイクも自転車も通行可能)

今さらですが、北風の時に飛行機を見るため17エンドへ行くのは意味がありません。北風時の着陸は反対の「35エンド」からですし、離陸は「17エンド」ですが、一気に高度を上げているので遠くにしか望めません。17エンドで飛行機を見るなら「南風」が必須。南風なら着陸時はあの「絶景シーン」が望めますし、離陸時も17エンドの近くまで飛行機が来るので、離着陸どちらも楽しめます。

しかし風向きはコントロールすることはできませんので、こればかりは「運」です。でも梅雨明け後から台風シーズンが終わる「6月下旬〜10月上旬」は、基本的に南風なので17エンドへ行けば飛行機を楽しむことはできると思います(台風時のみ北風に変わります)。逆に冬場は常に北風になるので、17エンドへ飛行機を見に行く意味はほとんど無いといっても過言ではないでしょう。

そのうち、みやこ下地島空港でのこれらのコツもまとめます^^v











posted by 離島ドットコム管理人 at 12:53 | 宮古エリア