ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2019年07月16日

【阿嘉島2018】さんごゆんたく館完成!阿嘉港から徒歩圏内で便利

阿嘉島の阿嘉港と阿嘉ビーチの間。臨海研究所の施設隣で工事中だった施設が、2018年3月に無事に完成。オープンしていました。新造船が就航した2016年秋以降、阿嘉島には行っていなかったので、まさにその間隙にできたものです。

「さんごゆんたく館」

別名「慶良間諸島国立公園ビジターセンター」ということで、いわゆる観光案内所的な役割も担っている施設です。座間味島には港に観光案内所などの施設がありましたが、阿嘉島には以前はあったものの簡易なもので、チケット売り場の片隅にある程度。今回は完全に別の施設として完成し、さらにビジターセンター以外にも、島民のためのワークショップなどもできるように施設になっているようです。詳細レポートいたします。

阿嘉港から徒歩2分・阿嘉ビーチから徒歩3分にあります


阿嘉港と阿嘉ビーチを往来する道ができ、そこに臨海研究所に施設がありましたが、その隣にできたのがこの「さんごゆんたく館」。なので阿嘉港からも阿嘉ビーチからも気軽に行ける立地なので、特に阿嘉港は目と鼻の先ということもあり、船待ちに立ち寄ることができる施設です。ただシャワーなどはありませんので、阿嘉ビーチで泳いだ後に行くのはおすすめできません。塩や砂を落としてから行きましょう。

施設は午前9時から午後5時まで


基本的に公共施設の「さんごゆんたく館」。開館時間は午前9時から午後5時までとなっています。冬場は午後4時までになるかもしれませんが、日帰りで島に来る場合は船の時間にあった開館時間だと思いますので、特に気にならないと思います。入口は阿嘉港側にあります。

軒先にはのんびりできる休憩スペースあり



敷地内に入ると最初に休憩するにはもってこいのスペースあり。阿嘉港とその先の慶留間島を一望できるテラス的な空間です。ここは施設の管理外のようで、自由に使えそうです。阿嘉ビーチで泳いだ後はここまでは自由に使えるかも?ただゴミ箱などはありませんので、ここで飲食したらそのまま船に持ち込み、那覇まで持ち帰りましょう。

入口は突き当たって右。カフェもあるらしい



休憩スペースの脇を抜け、突き当たって右が入口です。自動ドアではなく、閉じるのは自動で戻るようですが、開閉には注意しましょう。また館内では簡易なカフェもできるようで、そのメニューが入口にあります。もちろん中にもメニューがありますが、まさに船待ちにはもってこいの施設ということでしょう(しかもリーズナブルな価格)。

さんごゆんたく館の施設内


施設に入ると細長い空間になっており、入口から向かって左にビジターセンターとなるカウンターがあり、右に休憩スペースがあります。奥には展示コーナーがあり、その奥の右手にトイレ、左手に可動間仕切りを開けるとワークショップにもなるスペースがあるらしいです(写真は閉まった状態)。天井が高く、高窓もあるので室内はとても明るいです。温かみのある木調が良いですね。

休憩スペースはカフェにもなる!


カフェ利用をしていないのでシステムはわかりませんが、この休憩スペースでカフェできるみたいです。メニューに「セルフサービス」と書いてあるので、注文だけして受け取りや片づけは自分でするようです。休憩スペースの周りには阿嘉島にちなんだ書籍や資料があり、意外と落ち着ける場所でした。もちろんエアコンも効いているので、夏場には重宝する場所かと思います。

ビジターセンターとなるカウンターには常駐スタッフ


ビジターセンターとなるカウンター側には常駐スタッフもいますので、阿嘉島や座間味島のことを気軽に聞くことができます。また各種資料も並べてあるので、阿嘉島に着いたら最初にここに来るのも良いでしょう。

さらにビジターセンターでは荷物預かり(有料)もしてくれますので、日帰りでお越しの際は最初にビジターセンターへ行くがおすすめかもしれません。でもターミナルにもロッカーができましたので、小さい荷物はターミナルでも良いかもしれませんね。でもビジターセンターならスーツケースなど大きな荷物も預かってもらえます。

また阿嘉島土産になるものも販売していますので、帰りの船待ちの時間に立ち寄るのも良いですね。個人的には船待ちの時間に使わせていただきましたが、かなり便利に感じました。もう少し時間があるときにはここでカフェしたいですね。コーヒーはホットでもアイスでも200円とリーズナブルですし。

さんごゆんたく館 まとめ

akayuntakukan2018a.jpg
一見、公共施設でありがちな「箱もの」の印象もありますが、実によくできた施設のように感じました。施設もそれほどコンパクトで効率的ですし、何より阿嘉港のすぐ近くというのがうれしいところ。さらにカフェもできるとなれば、阿嘉港の待合所にいるより、絶対に居心地は良いと思います。まぁ待合所は横になることもできますが、椅子でのんびり過ごすなら、さんごゆんたく館の方が断然おすすめです。もちろんWiFiも使えます。

また阿嘉島グッズもTシャツ以外にいろいろあるようで興味あります。タンブラーとかガラス細工のものとかもあるらしいですからね。あとワークショップとして使う様子も見てみたいですね。奥の展示スペースの向かいにある、隠し部屋的な空間も見てみたい次第です。

とにもかくにも観光客だけではなく、島の人も積極的に利用できることが高評価の施設。石垣島のターミナル内にある(あった?)迷走公共施設「とぅもーるなんちゃら」とはえらい違いです(笑)。

さんごゆんたく館の基本情報

  • 開業:2018年3月5日
  • 住所:沖縄県島尻郡座間味村字阿嘉 936-2
  • 電話:098-987-3535
  • 営業:09:00-17:00
  • 入館:無料
  • アクセス:阿嘉港ターミナルより徒歩2分、阿嘉ビーチより徒歩3分
  • HP: 【Facebookpage】
  • ゆんたくカフェ:コーヒー200円/カプチーノ250円/抹茶ラテ250円/ブルーシールアイスクリーム
  • Tシャツ:ロゴTシャツ2700円/ゆんたく館イラストTシャツ3240円
  • 荷物預かり:大(130サイズ超)600円/中(90-130サイズ)400円/小(90サイズ以下)200円


posted by 離島ドットコム管理人 at 11:27 | 本島離島エリア