ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2020年03月13日

【奄美大島2020】離島の道は要注意!行きはよいよい帰りは・・・

離島の旅2020〜奄美大島編



奄美大島は自然豊かな離島だけに未舗装路も多い。中には未舗装どころか「車で通れるの?」という道もあります。しかもそんな道に限って、入口は普通に通れるレベルなものの、先へ行けば行くほどヤバい状態になり、最後は悪路のレベルを超えた状態になるものも多い。今回はまさにそのクチ。

行きはよいよい帰りは戻れない!

さらに今回はその戻ろうとした場所で、悪路の溝にタイヤがはまり、完全に身動きが取れなくなってしまいました。人生初の「脱輪」で移動不能状態に!?




FF駆動(前輪駆動)のレンタカー。2輪ともに完全に溝にはまってしまいました。最初は片方だけだったものの、何度か切り返しているうちに両輪とも脱輪。前にも後ろにも進まなくなってしまいました。しかもその場所。悪路でもあるように周辺に民家どころか電気も水道もない場所。さらに携帯の電波もほとんど届かない。舗装路までは約2km。舗装路まで出れば電波も助けもどうにかなると思い、車を置いて走りました。

悪路の2kmは長かったけど、さすがに普段からランニングをしているので難なくクリア。しかしその舗装路も滅多に車が通らない場所で、さらに電波は繋がらず。さらに1km走ったところにあった展望台でどうにか電波が繋がりました。集落まではもう3kmもあったので断念。展望台でまずは警察に連絡。そしてレンタカー会社にも連絡しました。警察の到着は1時間後。レンタカー会社は営業所が遠い場所にあったので、2時間ほどかかるとのこと。

しかしその警察到着までの1時間で周辺を通る車は1台もなし。車が通るのを待って助けを求めないで良かったです。そして警察が到着。パトカーもままならない悪路だったので、一緒に歩いて現場まで。単独事故扱いで処理してもらいました(減点対象外)。

そしてさらに1時間後。レンタカー会社が到着。しかし普通の牽引車では入ることもできない悪路。普通のレンタカー会社なら脱出不可能な状況でしたが今回借りたレンタカー会社の本業は「重機リース会社」。

悪路を想定した小型重機を持参!



これなら悪路もへっちゃらですし、細い道でも通ることも転回もできますし、牽引パワーも問題なし!完璧です。普通のレンタカー会社では対応できないような状況を、簡単にクリアしてくれました。どのレンタカー会社かは後日レポートしますが、ホントに「神様仏様○○○○レンタカー様」って感じです。



しかし周辺は徐々に暗くなってきており、あとは時間との勝負。それでも重機のプロだけに、スムーズに舗装路まで脱出できた次第です(脱出時は真っ暗でしたが)。綺麗な夕焼けも楽しんでいる余裕はなかったのが残念でしたが、何より無事に脱出できて何より。普通のレンタカー会社やJAFとかだったら、この日での脱出は不可能だったでしょうね。

まさに・・・
「神様仏様○○○○レンタカー様」

もちろん、後日多大な経費の請求がありましたが、免責保険に入っていたので一部免除。残額もクレジットカード決済OKだったので、事後処理もスムーズに行えた次第です。ちなみにレンタカー自体は脱輪しただけで故障も大きな傷もなく走行可能でしたが、最悪を想定して代車を持ってきてくれていて車をチェンジ。こういう面でも、素晴らしいレンタカー会社だったと思える次第です。

今後、奄美でレンタカーを借りる場合は・・・
このレンタカー会社のみ!

・・・普段はバイクですが今回は雨が多い時期だったのでレンタカーだっただけでしたが。


行きはよいよい帰りは怖い離島の道。皆様も島の悪路は注意しましょうね。

・・・説得力ないけどw


datsurin20200229.jpg

(今回のレンタカー会社はここにはありませんが)
奄美大島のレンタカー情報



posted by 離島ドットコム管理人 at 11:01 | 奄美エリア