ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2021年01月18日

【奄美大島2020】マネン展望台リニューアル!マネン崎展望所?マネン崎展望広場?



奄美大島南部の古仁屋とヤドリ浜の間にある「マネン展望台」。前回来たときはなんか工事しているな〜って思ったものの、駐車場を整備しているだけかと思ったら、なんと新たに「マネン崎展望所」なるものができていました!でも以前からあった展望台はそのままでしたけどね。その代わりに・・・

amamimanen2020b.jpg

超目立つ看板設置。正式名称「マネン崎展望広場」とのことです。以前は看板が目立たず、気づかずに通り過ぎてしまう人が多かったですが、これなら目立って足を運ぶ人も多くなりそうですね。



でも「広場」という雰囲気ではなく、「駐車場+展望所」って感じが正解。公園のような広場的な雰囲気は全くありません。



っていうか駐車場が大半。こんなローカル展望所にこんなに駐車場いる?ってレベルです。あさに駐車場ではなく広場にして公園的に整備すればいいのに謎です。



あと展望できる場所ははっきり言って狭くて「広場」ではありません。なのでこの記事では「展望所」としています。そもそも新しい看板は「マネン崎展望広場」なのに、道路標識は「マネン崎展望所」と、どっちだよ!って感じですけどね。個人的には道路標識の方が正解だと思います(マネン崎展望所)。



でも展望できる景色は、旧展望台だと大島海峡しか望めませんでしたが、新しい展望所だと嘉鉄湾が一望。いわゆる「ハート型」の海ですが、マネン崎からだと訳わからない形です(ハートの右上あたりが展望台がある場所)。



さらに今回の新しい展望所は、展望場所よりも「一本松のシンボルツリー」の方が目立っていました。しかも展望場所より高い場所にあるし。でもこれって展望広場整備のために伐採したものの、この1本だけ銘木で残した系かも。そういう意味ではこのマネン崎展望広場はまさに乱開発?



そして展望場所より高い場所にある一本松の足下には、なにやら方位の石碑。誰も気づかねー!ってレベルでした(普通は展望場所に置くだろ!)。でもその先には旧マネン崎展望台同様に加計呂麻島の島影と大島海峡が一望。っていうか何故にここを展望台にしなかったのか謎。

結局、今回は展望所は写真撮影のためだけに素通り。旧展望台でのんびり景色を眺めていた次第です。








posted by 離島ドットコム管理人 at 10:35 | 奄美エリア